効果・副反応(新型コロナワクチン)

ここから本文です。

ワクチンの効果

3回目の接種をした人の方がしていない人よりも、新型コロナウイルスに感染する人や重症化する人が少ないと報告されています。
1・2回目と異なるワクチンを用いて3回目接種した場合の安全性と効果
英国では、2回目接種から12週以上経過した後に、様々なワクチンを用いて3回目接種を行った場合の研究が行われ以下の通り報告されています。
・安全性kougosesshu
3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても、安全性の面で許容されます。
・効果
1・2回目接種でファイザー社ワクチンを受けた⼈が、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武⽥/モデルナ社ワクチン(※)を受けた場合のいずれにおいても、抗体価が⼗分上昇します。
※武田/モデルナ社のワクチンは、日本において追加接種では50μgを接種することになっていますが、この研究では100μgを接種した結果が報告されています。

ワクチンの副反応

ワクチン接種後よく見られる症状

ファイザー社製ワクチン
ファイザー副反応

モデルナ社製ワクチン
モデルナ副反応

相談する

兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口
9時00分~21時00分(平日、土日祝含む)
電話:0570-006-733
FAX:078-361-1814

接種後、2日以上症状が続く場合
我慢出来ないほどの痛みがある場合や、発熱が2日以上続く場合などで、受診すべきかどうか迷う場合には、まずは、かかりつけ医かワクチンを接種した医療機関へ電話で相談して下さい。

かかりつけ医や接種を受けた医療機関に連絡が取れない
休日・夜間などかかりつけ医や医療機関に連絡が取れない時には、「神戸市新型コロナワクチン副反応医療相談窓口」にご相談ください。
こちらの窓口では、接種の予約や予約窓口への取次ぎはできません。

神戸市新型コロナワクチン副反応医療相談窓口
24時間(土曜日・日曜日、祝日を含む)
電話:078-252-7155
対応言語:8か国語(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語)(日本語以外は三者通話での相互通訳)
FAX:078-570-5777

万が一、ワクチン接種によって健康被害が生じた場合には、国による予防接種健康被害救済制度(外部リンク)があります。
副反応疑い報告について(PDF:1,438KB)
予防接種健康被害救済制度の詳細について
 



 

お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせ・ご相談はワクチン相談窓口をご利用ください

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア