新型コロナウイルス感染症 > 市内での新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

市内での新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

ここから本文です。

 

現在の発生状況等(神戸市発表分)

 

 

国の新たなレベル分類を踏まえた県のフェーズと神戸市の現在の状況

国において新たなレベル分類の考え方が示され、従来のステージ分類を廃止し、新たに各都道府県が各地域の感染の状況や医療逼迫の状況を評価するレベル分類を導入されました。

<国の新たなレベル分類>
レベル0【感染者0レベル】
  • 新規陽性者数ゼロを維持できている状況
レベル1 【維持すべきレベル】
  • 安定的に一般医療が確保され、新型コロナウイルスに対し医療が対応できている状況
レベル2【警戒を強化すべきレベル】
  • 新規陽性者数の増加傾向が見られ、一般医療及び新型コロナウイルス感染症への医療の負荷が生じ始めているが、
    段階的に病床数を増やすことで、医療が必要な人への適切な対応ができている状況

レベル3【対策を強化すべきレベル】
  • 一般医療を相当程度制限しなければ、新型コロナウイルス感染症への医療の対応ができない状況
レベル4【避けたいレベル】
  • 一般医療を大きく制限しても、新型コロナウイルス感染症への医療に対応できない状況


< 国の「新たなレベル分類」を踏まえた兵庫県のフェーズ>
兵庫県では、第5波の感染実績や医療ひっ迫の状況により重点をおいた国の「新たなレベル分類の考え方」を参考とし、
従来の新規感染者数(1週間平均)の状況に加え、病床利用率も加味してフェーズの切り替えを判断することとしています。
フェーズ ③感染拡大期1 ④感染拡大期2 ⑤感染拡大特別期
病床利用率 10%未満 10%以上 20%以上 50%以上 総合的に判断
(800人以上)
新規感染者週平均
(兵庫県)
[週患者数/10万人対]
20人未満
[2.5人未満]
20人以上
[2.5人以上]
80人以上
[10人以上]
400人以上
[50人以上]
 
フェーズの切り替えにあたっては、県の新規感染者数(1週間平均)・病床利用率によって判断されますが、神戸市の状況は以下の通りです。 

(参考)
クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンス国の新たなレベル分類の指標(神戸市の状況)(CSV:28KB)
入院率・陽性率・感染経路不明割合など

療養者数・検査数の状況

期間ごとの感染状況等の比較

検査状況や入院・入居の状況、年代別の感染状況などを掲載しています。
期間ごとの感染状況等の比較

新型コロナウイルスの変異株に関する情報

 神戸市では、PCR検査の精度管理やクラスター事例の事後検証などのため、市内医療機関の協力を得て、神戸市健康科学研究所で収集、保管し、自らゲノム解析しています。このような検体収集体制・ゲノム検査体制を活用し、独自に変異株を迅速かつ的確に検出できる監視体制を整えています。

神戸市内におけるオミクロン株等の確認状況

 第6波では、デルタ株から、より感染力の強いオミクロン株に置き換わりました。当初はオミクロン株のBA.1系統といわれるものが主流を占めておりましたが、全国的にBA.2系統への置き換わりが進みました。

 厚生労働省は5月12日、新型コロナウイルスのオミクロン株のBA.4系統、BA.5系統を、国内の検疫で初めて確認したと発表しました。いずれも、国内で現在主流のBA.2系統よりも感染が広がりやすいといわれており、南アフリカでBA.2系統からBA.4系統、BA.5系統への置き換わりが進んでいます。

(※BA.4系統、BA.5系統の特徴についてはページ下部を参照ください。)

 そのため、神戸市健康科学研究所ではBA.4系統とBA.5系統の疑いを早期に把握できるよう、5月16日よりBA.4系統とBA.5系統に対応した変異株ゲノムサーベイランス体制※を独自に構築しています。

 今後、BA.4系統、BA.5系統への置き換わりが進んだ場合、感染が再拡大する可能性があると懸念されているため、引き続き感染予防策にご協力をお願いします。
 

※BA.4系統、BA.5系統に対応した新たな変異株ゲノムサーベイランス体制(神戸市独自)
 現状、オミクロン株の亜系統の判別にはゲノム解析が必要となりますが、神戸市では、BA.4/BA.5系統が持ちBA.1/BA.2系統が持たないL452R変異を検出する試薬を用いた変異株PCR検査を実施し、 L452R変異が検出された場合にはBA.4およびBA.5系統疑いとして早期検知します。

 もともとL452R変異はデルタ株などが持つ変異でしたが、この変異をBA.1やBA.2系統は持っておらず、BA.2系統に切り替わった現状においては、L452R変異を持つものはBA.4/BA.5系統である可能性が高いことから、このL452R変異株PCR検査により、検体搬入後1日以内にBA.4/BA.5系統疑い株を推定することが出来ます。

(1)変異株PCR検査の状況 (5月16日以降)
神戸市で「BA.4/BA.5系統に対応した新たな変異株ゲノムサーベイランス体制」を構築した5月16日以降の状況をお知らせします。
発生届出日 変異株
PCR検査数
オミクロン株疑い
BA.1/BA.2系統疑い BA.4/BA.5系統疑い
5/16-5/22 515 515 100% 0 0%
5/23-5/29 376 376 100% 0 0%
5/30-6/5 230 230 100% 0 0%
6/6-6/12 194 192 99.0% 2 1.0%
6/13-6/19 202 188 93.1% 14 6.9%
6/20-6/26 233 202 86.7% 31 13.3%
1,750 1,703 47
※届出日から陽性検体回収にタイムラグがあるため、発表後も数値が更新されることがあります。
 特に、直近1週間の届出日分について、次回発表時に数値が変動する可能性があります。


 
(2)ゲノム解析の状況 (1月10日以降)
発生届出日 ゲノム確定件数 オミクロン株
BA.1系統 BA.2系統 BA.5系統
1/10-1/30 1,274 1,260 98.9% 2 0.2% 0 0%
1/31-2/27 1,505 1,485 98.7% 17 1.1% 0 0%
2/28-3/27 807 621 77.0% 186 23.0% 0 0%
3/28-4/24 586 143 24.4% 443 75.6% 0 0%
4/25-5/29 1,151 34 3.0% 1,117 96.6% 0 0%
5/30-6/5 141 0 0% 141(1) 100% 0 0%
6/6-6/12 149 0 0% 147(1) 98.7% 2 1.3%
6/13-6/19 142 0 0% 129(2) 90.8% 13 9.2%
5,755 3,543 2,182(4) 15
※届出日から陽性検体回収にタイムラグがあるため、発表後も数値が更新されることがあります。
 特に、直近1週間の届出日分について、次回発表時に数値が変動する可能性があります。
※1月10日以降のゲノム確定件数のうち、オミクロン株以外ではデルタ株が確認されています。

BA.2系統のカッコ内の数字は内数で、BA.2.12.1を表します。
※変異株PCR検査により検出された「BA.4/BA.5系統疑い株」を優先的にゲノム解析しているため、BA.5系統が高い割合で確認されています。

 

<BA.4系統/BA.5系統/BA.2.12.1系統について>
(参考)国立感染症研究所 感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される新型コロナウイルスの変異株について(第17報) 

  • BA.4系統は令和4年1月に、BA.5系統は令和4年2月に南アフリカで最初に検出されたオミクロン株の亜種です。BA.2.12.1系統は令和4年3月に米国で最初に検出されたBA.2系統の亜系統です。
  • BA.4系統、BA.5系統、BA.2.12.1系統は、いずれもBA.1系統やBA.2系統よりも感染者増加の優位性があり、ワクチンと抗体医薬の効果を弱める可能性が示唆されています。重症度については、評価のために必要な情報が十分ではありません。引き続き、諸外国の状況や知見等の収集、国内外のゲノムサーベイランスによる監視を継続する必要があります。
  • 変異株であっても、個人の基本的な感染予防策は、従来株と同様です。
  

オープンデータ

新型コロナ対策データ解析

市営地下鉄乗客数、三宮エリア歩行者数などは新型コロナ対策データ解析にてご覧ください。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続に関するお問い合わせページをご利用ください。