更新日:2020年8月26日

長期優良住宅の維持保全状況報告について

ここから本文です。

平成21年6月に長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)が施行されました。
この法律に基づく認定長期優良住宅の認定計画実施者は、建物の維持保全、記録の作成・保存等を適切に実施しながら使用していくことが定められています。

認定計画実施者による適切な維持保全、記録の作成・保存が行われているかを確認するため、平成26年10月より、同法12条に基づく認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査を以下の通り実施しています。

調査概要

調査内容
  • 維持保全計画に従って適切に点検・修繕等を行っているか
  • 認定長期優良住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録の保存状況
調査対象者

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定計画実施者(建築主)

調査対象住宅
  • 建築後約5年が経過した認定長期優良住宅
  • 建築後約10年が経過した認定長期優良住宅

※抽出調査なので、上記に該当する全ての住宅が対象となるわけではありません。
※認定申請書の工事完了予定日から判断します。

調査方法

本市より依頼文書を送付します。提出書類は下記窓口に持参するか、郵送にて提出してください。

 提出先 
  
神戸市建築指導部建築安全課 ⑦建築環境ライン
  〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階
  電話番号 078-595-6556

提出書類
  1. 報告書(PDF:154KB) (報告書(WORD:26KB)
  2. 点検・補修記録シート(EXCEL:87KB)(参考様式)
  3. アンケート(PDF:246KB)

報告書の作成については「記入例(PDF:225KB)」やよくある質問を参考にしてください。

その他

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局建築指導部建築安全課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階