更新日:2019年11月1日

神戸市立小磯記念美術館:年譜

ここから本文です。

西暦
(年号)
年齢 事柄
1903年
(明治36年)
  7月25日 旧三田藩の旧家で、貿易に携わる岸上文吉・こまつの8人兄妹姉妹の次男として神戸市神戸(現 神戸市中央区)中山手通7丁目に生まれる。
1917年
(大正6年)
14歳 14歳のころの写真兵庫県立第二神戸中学校(現 兵庫高校)に入学。同級の竹中 郁と親交を結ぶ。
1921年
(大正10年)
18歳 大原孫三郎のコレクションを公開する「現代フランス名画家作品展覧会」に感銘する。この頃、西洋から帰国間もない新井 完にデッサンを学ぶ。
1922年
(大正11年)
19歳 東京美術学校(現 東京藝術大学)西洋画科に入学。
1923年
(大正12年)
20歳 東京美術学校、藤島武二の教室に入る。
1925年
(大正14年)
22歳 帝国美術院第6回美術展覧会(帝展)に『兄妹』が初入選。父が亡くなり、祖母の姪にあたる小磯家の養子となる。
1926年
(大正15年)
23歳 第7回帝展で『T嬢の像』が特選となる。
1927年
(昭和2年)
24歳 24歳のころの写真東京美術学校西洋画科を首席で卒業。卒業制作は、竹中 郁をモデルとした『彼の休息』と『自画像』。
1928年
(昭和3年)
25歳 フランスに留学。竹中とパリ滞在をともにする。西欧の各地を旅行する。(1930年帰国)
1931年
(昭和6年)
28歳 この頃、山本通にアトリエを新築する。
1932年
(昭和7年)
29歳 初めての個展を神戸で開催。『裁縫女』が第13回帝展で特選となる。11月12日萩原貞江と結婚。
1933年
(昭和8年)
30歳 日本組合神戸基督教会(現 日本基督教団神戸教会)で洗礼を受ける。長女・嘉子誕生。
1935年
(昭和10年)
32歳 帝展改組に反対し、旧帝展無鑑査の有志と第二部会を結成する。
1936年
(昭和11年)
33歳 33歳のころの写真第二部会の帝展復帰に反対し、純粋芸術の確立を目指す「新制作派協会」(現在の新制作協会)の結成に加わる。次女・邦子誕生。
1938年
(昭和13年)
35歳 陸軍報道部の委嘱により、戦争記録画制作のため上海に渡る。この後陸軍省派遣画家に選ばれる。
1942年
(昭和17年)
39歳 『娘子関を征く』(1941年)が第1回芸術院賞を受ける。
1943年
(昭和18年)
40歳 東京美術学校非常勤講師となる。
1945年
(昭和20年)
42歳 6月5日の神戸空襲でアトリエを失う。
1946年
(昭和21年)
43歳 神戸洋画会が結成され、第1回展に出品する。
1949年
(昭和24年)
46歳 武庫郡住吉村字松本(現 神戸市東灘区住吉山手)に住居とアトリエを新築する。
1950年
(昭和25年)
47歳 東京藝術大学油画科講師となる。
1953年
(昭和28年)
50歳 50歳のころの写真東京藝術大学油画科教授となる。この翌年、神奈川県逗子市にアトリエを構える。
1956年
(昭和31年)
53歳 武田薬品の機関紙「武田薬報」の表紙に薬用植物画の連載を始める。
1958年
(昭和33年)
55歳 東京芸術大学に版画教室を学部長と設ける。
1960年
(昭和35年)
57歳 8月末からヨーロッパ旅行、翌年1月末にアメリカ経由で帰国する。
1964年
(昭和39年)
61歳 第1回銅版画展を神戸で開催、芸大で数年来手がけてきた銅版画を初めて公開する。
1971年
(昭和46年)
68歳 日本聖書協会の「口語聖書」に挿絵を描く。東京藝術大学を退官、名誉教授となる。
「画業50年 小磯良平展」が兵庫県立近代美術館(現 兵庫県立美術館)などで開催される。
1973年
(昭和48年)
70歳 70歳のころの写真赤坂迎賓館の壁画『絵画』『音楽』に着手(翌年3月完成)。勲三等旭日中綬章を受ける。
1979年
(昭和54年)
76歳 昭和54年度文化功労者に決定する。
1982年
(昭和57年)
79歳 生涯の親友であった竹中 郁(享年77歳)が亡くなる。日本芸術院会員となる。
1983年
(昭和58年)
80歳 「画業60年 小磯良平のすべて展」が各地で開催される。文化勲章受章。妻の貞江亡くなる。神戸市名誉市民の称号が贈られる。
1988年
(昭和63年)
85歳 12月16日肺炎のため死去。日本基督教団神戸教会で葬儀が行われる。
1989年
(平成元年)
  自宅に残されていた油彩作品などが神戸市と兵庫県立近代美術館(現 兵庫県立美術館)に寄贈される。
1992年
(平成4年)
  11月3日、神戸市受贈の作品とアトリエをもとに神戸市立小磯記念美術館が開館する。
1998年
(平成10年)
  「没後10年 小磯良平展」が神戸市立小磯記念美術館と兵庫県立近代美術館(現 兵庫県立美術館)で共同開催される。
2002年
(平成14年)
  神戸市立小磯記念美術館開館10周年「小磯良平回顧展」が開催される。
2003年
(平成15年)
  小磯良平・生誕100年を迎える。
2012年
(平成24年)
  神戸市立小磯記念美術館20周年「小磯良平の世界展」が開催される。
2018年
(平成30年)
  「没後30年 小磯良平展」が神戸市立小磯記念美術館で開催される。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7