ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化施設 > 神戸市立小磯記念美術館 > 神戸市立小磯記念美術館:当館について / About us

神戸市立小磯記念美術館:当館について / About us

最終更新日:2022年6月23日

ここから本文です。

館の概要 / Overview of The Museum

外観神戸市立小磯記念美術館は、緑豊かな六甲アイランド公園内に、平成4年11月に開館しました。
神戸に生まれ、神戸で制作を続けた洋画家小磯良平は、昭和63年12月に惜しまれつつ世を去りました。
その翌年に油彩・素描・版画などの約2,000点の作品が、アトリエ・蔵書・諸資料と共に、ご遺族より神戸市に寄贈されました。神戸市は小磯良平の偉業を顕彰し、作品の収集、保存、調査研究、普及活動を行っています。

美術館の中庭に移築・復元された小磯良平のアトリエでは、制作の雰囲気を味わっていただくことが出来ます。土・日・祝日には、映像ギャラリーで、画家の紹介や作品の解説を行っています。

Kobe City Koiso Memorial Museum of Art was opened in November 1992 in Rokko Island Park, where is full of greenery. KOISO Ryohei, a Western-style painter who was born in Kobe and continued to create his works in Kobe, died in December 1988 while being missed. The following year, approximately 2000 works, including oil paintings, drawings and prints, were donated to Kobe City by the bereaved family, along with their atelier, collections, and various materials. Kobe City honors his feat and collects, preserves, conducts research, and promotes works. At the studio of KOISO Ryohei, which is relocated and restored in the courtyard of the museum, you can enjoy the atmosphere of production.

美術館の特色

海上文化都市につくられた美術館

外観221世紀の新たな海上文化都市を目指してつくられた六甲アイランドの3.3haの広大な芝生の公園内にある美術館。

延床面積約4,000平方メートル、収蔵作品約3,200点で、規模内容とも全国有数の個人記念美術館です。この美術館は、周囲の景観と調和するように十分な配慮がなされています。

いつでも気軽に訪ねられる美術館

受付・展示室・アトリエ・ミュージアムショップなどを全て回廊の周囲に配し、市民にとってわかりやすく、利用しやすいように工夫されています。また、ロビーや喫茶室は、中庭をながめながらゆったりとくつろいでいただけるようになっています。何度でも訪れたいという方のために、ミュージアムカードも発行しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7