現在位置

ホーム > くらし・手続き > 市税 > 事業所税

更新日:2019年11月19日

事業所税

ここから本文です。

税務部門の新長田合同庁舎への移転について

令和元年8月、区役所と市役所の税務部門を新長田合同庁舎に移転しました。

税務部門の新長田合同庁舎への移転(令和元年8月)

 

事業所税は、大都市の都市環境を整備及び改善するため、昭和50年(1975年)に創設された目的税で、一定規模(主に人口30万人以上)の都市で課税されます。

※事業所税に関する他のページはこちらから↓

申告手続き一覧ページへ Q&Aページへ

申告の手引き

納める人

事業所等で事業を行っている法人又は個人

税率

  • 資産割 1平方メートルにつき600円
  • 従業者割 従業者給与支払総額の0.25%(※資産割と従業者割の合計額を申告納付します。)

課税標準(課税対象)

  • 資産割 事業所用家屋床面積
  • 従業者割 従業者給与総額

主な非課税

  • 百貨店、ホテルなど一定の建物の消防・防災施設
  • 従業員のための福利厚生施設
  • 一般公共の用に供される駐車場
  • ガス・水道・電気事業施設
  • 鉄道・自動車運送事業施設
  • 病院・社会福祉施設
  • 公益法人等が行う収益事業以外のための施設

免税点(免税点以下の場合は課税されません。)

免税点は課税標準の算定期間の末日(法人の場合は事業年度末日、個人の場合は12月31日)の現況によります。

  • 資産割 神戸市内の事業所用家屋床面積の合計が1,000平方メートル以下の場合
  • 従業者割 神戸市内の事業所の従業者数合計が100人以下の場合

(※)市内の事業所床面積の合計が800平方メートルを超える場合、もしくは従業者の合計人数が80人を超える場合、または前年度課税になっていた場合には、納税額がなくても申告書の提出が必要となります。

減免

事業所等が一定の要件に該当すれば、事業所税額が減免される場合があります。減免を申請される方は、減免申請書を申告書とあわせて提出してください。

神戸エンタープライズゾーン条例に基づく事業所税の不均一課税適用に関する申告

適用対象者である納税義務者(事業所等の事業主)は、事業所税の申告書と併せて不均一課税適用申告書の提出が必要となります。

認定日により適用される制度が異なります。本制度の適用対象の事業者あてには、申告月の前月にご案内を送付しますのでご覧ください。

申告納付期限

  • 法人:事業年度の終了の日から2か月以内
  • 個人:事業を行った年の翌年の3月15日まで

事業所等の新設・廃止に関する申告

事業所等を新設・廃止した方で、市内の事業所等の床面積(借り受け分を含む)の合計が800平方メートルを超える方、又は従業者数の合計が80人を超える方は、事業所等の新設・廃止について申告してください。

  • 申告期限:事業所等を新設・廃止した日から2か月以内

なお、当該申告は、「法人の異動届」により行うことができます。

事業所用家屋の貸付に関する申告

事業所用家屋(貸ビル等)の全部または一部を他の事業者に貸している場合、また、賃貸契約の変更等により、他の事業者の貸付床面積が増減した場合に、その貸付状況を申告していただくこととなっています。この場合、貸付部分については、借り受けて事業をされている方が納税義務者となります。事業所用家屋(貸ビル等)の所有者ではありません。また、この申告は、貸し付けている部分の床面積が、所有者の事業所税(資産割)の対象とならないことを示すとともに、入居者に対する事業所税の資料として必要となる申告です。

  • 申告期限(新たに貸付ける場合):貸付けることとなった日の属する月の翌月の末日まで
  • 申告期限(貸付け面積が増減した場合):異動が生じた日の属する月の翌月の末日まで

申告書提出先及び納付場所

申告書は次のところへ郵送または持参ください。

〒653-8772 神戸市長田区二葉町5丁目1番32号
神戸市役所行財政局税務部法人税務課(事業所税担当)

持参いただく場合は、上記所在地にある新長田合同庁舎の2階にて受付いたします。

問い合わせ先

神戸市役所 行財政局 税務部 法人税務課(事業所税担当)
〒653-8772 長田区二葉町5丁目1番32号 新長田合同庁舎2階
電話(078)647-9397

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局税務部法人税務課 

〒653-0042 神戸市長田区二葉町5丁目1-32 新長田合同庁舎2階