マイナンバーカードの健康保険証利用について

最終更新日:2022年5月18日

ここから本文です。

マイナンバーカードが健康保険証として利用できます

医療機関や薬局の受付でマイナンバーカードをカードリーダーにかざすだけで、健康保険証として利用できるようになりました。
利用できる医療機関は今後も増えていく予定です。

■メニュー
マイナンバーカードの健康保険証利用で変わることマイナ受付1
対応の医療機関・薬局
利用申込手続き・窓口
・マイナポイント付与について
よくある質問

マイナンバーカードの健康保険証利用で変わること

① 受付が変わる

受付が変わる
  • 顔認証で、本人確認と保険資格確認が一度でできます
  • 自動受付なので、人との接触も最小限です
  • マスクをしていても、顔認証が可能です
 受付が変わる2

② 診療・薬剤処方が変わる

  • 過去の薬や特定健診等のデータが自動で連携されるため、口頭で説明する必要がありません
  • 自分の体についてのデータを見たうえで、診察・薬の処方をしてもらえることで、より良い医療が受けられます
  • 旅行先や災害時でも、薬の情報等が連携されます。

③ お薬手帳や特定健診情報が自分で見られる

  • マイナポータルから、処方された薬や特定健診結果をいつでもどこでも確認できます。
 ※令和3年9月診療分から閲覧が可能です。
薬剤情報
 

④ 支払いが変わる

  • 限度額以上の医療費を窓口で支払う必要がなくなります。
  • 高齢受給者証・限度額適用認定証・特定疾病療養受療証も窓口への持参が不要になります。
  • 神戸市の福祉医療費助成制度(こども・重度障害・ひとり親・高齢期移行者)は、現状のシステムでは連携していないため、証の持参が必要です。

対応の医療機関・薬局

対応する医療機関は、今後も増えていく予定です。
オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局についてはこちら(外部リンク)

利用申込手続き・窓口

健康保険証として利用するにはマイナンバーカードに対応したスマートフォン等での利用申込が必要です。利用申込登録は初回のみです。
詳細はこちら(外部リンク)をご覧ください。
区役所等では操作方法が分からない方のための利用申込のサポートを行っています。
 

スマートフォン・セブン銀行での利用申込

お使いになる端末 利用申込方法
スマートフォンの場合(対応機種(外部リンク) Google Playで「マイナポータルAP(外部リンク)」をインストール
App Storeで「マイナポータルAP(外部リンク)」をインストール
パソコンの場合(対応するICカードリーダーライター(外部リンク) マイナポータルAP(外部リンク)をインストール
セブン銀行ATM  24時間受付、手数料無料、スマホなしで簡単手続き
セブン銀行ATMマイナンバーカードでの手続(外部リンク)
※スマートフォン・パソコンの動作環境はこちら(外部リンク)

【用意するもの】
①マイナンバーカード
②マイナンバーカード交付時(申請時)に設定した利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)
 

窓口等での利用申込

  • 区役所等(予約不要)

住所や窓口の場所はこちら(PDF:76KB)
なお、北区の各出張所、西区の西神出張所以外の出張所、三宮証明サービスコーナー・明舞サービスコーナーではこのサービスを行っておりません。
 

  • 神戸市マイナンバーカード三宮センター・サテライト(予約制)
  土日・平日夜間対応の駅前窓口、サテライトの詳細はこちら
 

【持ち物】
①マイナンバーカード
②マイナンバーカード交付時(申請時)に設定した利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)

マイナポイント付与について

健康保険証としての利用登録を行った方に7,500円相当のポイントが付与されます。(すでに登録した方、利用申込を行った方を含みます。)詳しい内容は、こちら

よくある質問

Q : マイナンバーカードを持参すれば、健康保険証がなくても医療機関等を受診できますか。
A : オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを持参すれば健康保険証がなくても利用できます。
オンライン資格確認が導入されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要です。
※オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局についてはこちら(外部リンク)

Q : 令和3年10月からは、健康保険証は使えなくなりますか。
A : 従来どおり健康保険証でも受診できます。

Q : 窓口への持参が不要となる証類はどのようなものがありますか。
・保険者証類(健康保険被保険者証 / 国民健康保険被保険者証 / 高齢受給者証等)
・被保険者資格証明書
・限度額適用認定証 / 限度額適用・標準負担減額認定証
・特定疾病療養受療証
等の持参が不要となります。
なお、限度額適用認定証 / 限度額適用・標準負担額減額認定証は、従来は事前に保険者に申請する必要がありましたが、今後オンライン資格確認が導入された医療機関では原則として、申請なしに限度額が適用されます。

Q : マイナンバーカードを保険証として使えるようになれば、神戸市の福祉医療費助成の受給者証の提示が不要になるのですか。
神戸市の福祉医療費助成(こども医療費助成・高齢重度障害者医療費助成・ひとり親家庭等医療費助成・高齢期移行者医療費助成などの福祉医療費助成)は、オンライン資格確認(マイナンバーカードによる最新の保険資格の電子上での確認)の対象外です。

その他の質問についてはこちら(外部リンク)をご覧ください。

国のマイナンバー総合フリーダイヤル

電話番号 0120-95-0178(無料)
 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合 050-3627-0952(有料)
 音声ガイダンスに従ってお聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
※音声ガイダンスに従って「4→2」の順にお進みください。

受付時間
 平日 9時30分~20時00分
 土日祝 9時30分~17時30分(年末年始を除く)

お問い合わせ先

マイナンバーに関するよくある質問と回答

神戸市マイナンバーカードコールセンター(9:00~20:00 年中無休 ※年末年始を除く)

電話:078-600-2910 / FAX:078-862-3890

このページの作成者

企画調整局デジタル戦略部マイナンバー推進担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館11階