現在位置

ホーム > 防災・安全 > 防災 > 砂利採取法の認可に関する手続き

更新日:2020年10月20日

砂利採取法の認可に関する手続き

ここから本文です。

はじめに

砂利採取業者の登録を受けた方が実際に、本市の区域内(砂利採取法第16条第2号で規定される一級河川及び二級河川の河川区域等を除く)において、砂利の採取を行なおうとするときは、当該砂利の採取を行う場所ごとに採取計画を定め、神戸市長へ砂利採取場の認可申請を行い、認可を受けなければなりません。

砂利採取計画とは、砂利採取場ごとに計画した砂利採取の方法及び設備、災害防止の方法及び施設等に関する計画のことであり、これらの事項を砂利採取計画認可申請書として取りまとめ、認可制度の中で技術面の審査を行います。

手続き方法のフロー図(PDF:148KB)

申請のご案内

審査基準

・砂利採取期間
砂利の種類 河川砂利 陸砂利 山砂利 海砂利 洗浄
採取期間 100日以内 1年以内 3年以内 6か月以内 3年以内

報告について

砂利採取計画の認可を受けた方は、砂利採取場ごとに作成した「業務状況報告書」を毎年4月中旬までに提出していただくことになります。

申請の窓口

神戸市建設局治山砂防係
住所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14(神戸商工貿易センタービル19階)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局防災課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14神戸商工貿易センタービル19階