ごみ集積施設の設置

最終更新日:2023年10月6日

ここから本文です。


神戸市では一般家庭から排出される廃棄物を効率的に収集し良好な生活環境の確保に努めるため、一定規模以上の住宅を建設する場合に、下記のとおりごみ集積施設の設置に関する協議を行っています。なお、協議を行わない場合でも、ごみ集積施設を新規利用する場合は、事前に環境局業務課または各事業所にご連絡ください。
その他、事業用建築物を建設する場合には、廃棄物及び資源化物の保管場所を設置する必要があります。

家庭系ごみ集積施設

協議対象

  • 「神戸市開発事業の手続及び基準に関する条例」の対象となるもの(都市計画法第29条第1項の開発許可を要するもの・集合住宅20戸以上)
  • 「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」で定めるワンルームマンション10戸以上
  • 新たにごみ集積施設を設置する場合

既設のごみ置場を利用する場合は早めのご相談を

敷地内にごみ集積施設を設置されない場合は、周辺にある既設のごみ集積施設をご利用いただくことになります。地域のごみ集積施設は、使用されている地域の方が管理されていますので、早めに地域の方に相談していただき、同意を得たうえで、使用してください。
※地域の方(管理者)の同意が得られない場合は、各区の環境局事業所までご相談ください。
 

手続きの流れ・設置基準

手続きの流れ・設置基準については、下記をご覧下さい。

事業系ごみの保管場所

事業用の建築物を建設される場合は、「神戸市廃棄物の適正処理、再利用及び環境美化に関する条例」に基づき、当該建築物又は敷地内にごみの保管場所を設置していただく必要があります。
設置基準は下記をご覧ください。

事業系ごみ集積施設の設置について(PDF:253KB)

届出様式等

参考

お問い合わせ先

環境局業務課