現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 経済観光局の計画・事業等 > ため池や用水路の水難事故防止について

更新日:2021年7月28日

ため池や用水路の水難事故防止について

ここから本文です。

近年、ため池や用水路での痛ましい水難事故が全国各地で発生しています。
農林水産省の公表によると、その多くは高齢者や10歳以下の子どもによるものであり、死亡事故の原因としては、娯楽中(釣り・水遊び等)が最も多く、次いで車両事故となっています。
ため池の安全対策の必要性(PDF:261KB)

農作業を行う時期や豪雨の際は、ため池や用水路の水量が増え、とても危険です。
ため池や用水路には、不用意に近づかないようにしましょう。
 

ご家族の方、地域の方へ

高齢者や子どもの水難事故を防ぐためには、ご家族の方はもちろん、地域の皆さまの協力が必要です。
暑くなってくるとため池や用水路の近くで遊ぶ子どもたちが多くなります。子どもたちにはため池や用水路で遊ばないよう、高齢者には必要以上にため池や用水路に近づかないよう呼びかけをお願いします。

安全啓発チラシの配布について

神戸市では毎年7月頃、北区・西区の園児・児童を対象に、ため池安全啓発チラシを配布しています。保護者の方も一緒にご確認ください。
tameiketirashi
ため池安全啓発チラシ(PDF:1,616KB)

 

管理者の方へ

ため池や用水路の管理者は、日常からため池や用水路及びその周囲を巡視・点検し、危険箇所の有無がないか確認してください。なお、確認の際は、兵庫県土地改良事業団体連合会より公表している「ため池管理マニュアル(PDF:7,864KB)」をご活用ください。
巡視・点検の結果、水難事故の発生が懸念される場合には、立て看板や安全柵の設置等の対策をしてください。

また、農林水産省より公表している「ため池の安全管理は大丈夫?(PDF:1,159KB)」、「ため池の安全対策事例集(PDF:2,458KB)」もご活用ください。

安全啓発看板の配布について

神戸市では毎年1回7月~8月頃、希望するため池管理者を対象に、ため池安全啓発看板を配布しています。2月~3月頃に農会長を通して希望を募りますので、ご希望の際はご回答ください。(配布枚数には限りがありますので、ご希望に添えない場合があります。ご了承ください。)

ため池管理者賠償責任保険の加入について

ため池管理者には、日頃からため池の安全対策や事故防止について尽力いただいていますが、管理者の努力にも関わらず、全国的には様々な事故が発生しているのが現状です。
そういった偶発的な事故等により賠償責任が生じた際に備えて、ため池管理者賠償責任保険の加入を促進しています。ぜひ、ご検討ください。

【ため池管理者賠償責任保険についての問い合わせ先】
JA神戸西資産管理センター 電話番号:078-974-4564
JA神戸北資産管理センター 電話番号:078-583-4310

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農政計画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階