DV(配偶者等からの暴力)とは?

最終更新日:2021年11月30日

ここから本文です。

DVとは

DVは、配偶者や恋人など親密な関係にある又はあった相手から振るわれる暴力のことです。
身体的暴力だけではなく、さまざまな暴力が複合的に繰り返されるのが特徴です。
DVは、被害者の安全や尊厳を踏みにじる重大な人権侵害です。

ストップDV

身体的暴力

殴る、蹴る、平手打ち、髪をひっぱる、引きずり回す、首を絞める、突き飛ばす、など

精神的暴力

ののしりバカにする、大声でどなる、無視する、脅迫する(おどす)、など

経済的暴力

生活費を渡さない・使わせない、借金を強要する、働きに出ることを禁ずる、など

性的暴力

性行為の強要、避妊に協力しない、無理やりポルノ画像などを見せる、など

社会的暴力

自由に外出させない、交友関係を制限する、携帯電話の履歴・メールを細かくチェックする、浮気を疑う、など

子どもを利用した暴力

子どもの前で暴力を振るう、子どもに悪口をふきこむ、子どもに暴力を振るう、子どもを取り上げようとする、など

ここに挙げた暴力は一例です。

お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課