ホーム > 子育て・教育 > 相談・窓口・施設 > 児童虐待防止対策 > 神戸市こどもを虐待から守る条例

神戸市こどもを虐待から守る条例

最終更新日:2022年8月1日

ここから本文です。

「神戸市こどもを虐待から守る条例」は、こどもたちの幸せを守り虐待を防止するため、全ての神戸市民が一体となって地域の力でこどもと家庭を支える社会を推進し、虐待のない子育てに優しい街を目指すため、議員提案により平成31年2月18日に可決成立し、平成31年4月1日より施行しました。
条例では、こどもを虐待から守るための基本理念を定め、市、市民、保護者及び近親者並びに関係機関等の責務を明らかにするとともに、神戸市内からこどもの虐待がなくなるよう、虐待の予防及び早期発見並びに虐待を受けたこどもの保護その他こどもを虐待から守るための施策の基本的事項を定めています。
本条例は、こどもを虐待から守る施策を総合的に推進することにより、こどもの心身の健やかな成長及び発達に寄与することを目的としています。

神戸市こどもを虐待から守る条例(PDF:117KB)

児童虐待に関する相談について

周りの子どもに不自然な痣や傷があったり、子どもの泣き声が続いている等、気になることがありましたら下記にご相談下さい。相談者の秘密は守られます。

お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課