ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > ご出産を望まれる方への支援 > 先進医療にかかる不育症検査費用助成事業

先進医療にかかる不育症検査費用助成事業

最終更新日:2022年7月20日

ここから本文です。


神戸市では、不育症の方の経済的な負担の軽減を図るため、検査に係る費用の一部を助成します。

神戸市先進医療にかかる不育症検査費用助成事業のご案内(PDF:283KB)

令和4年度以降の先進医療にかかる不育症検査費用助成事業について

現在、助成対象となる検査はありません。
今後、助成対象となる検査ができた際は改めてこちらのページ等でお知らせいたします。

1.対象者

以下の(1)~(4)のすべてに該当する方が対象となります。

  • (1)神戸市内に住所があり、対象となる検査を受けた女性。
  • (2)2回以上の流産や死産、早期新生児死亡の既往があると医師に診断されていること。
  • (3)今回神戸市に申請する治療等について、他の自治体が実施する不育症の治療等の助成を受けていないこと
  • (4)先進医療にかかる不育症検査結果個票により、検査結果等を神戸市が国へ報告し、国が当該検査の保険適用に向けた検討等に活用する可能性があることについて同意すること。

2.対象検査

先進医療として告示されている不育症検査の実施機関として承認されている保険医療機関で実施した検査
※助成対象となる検査、医療機関かどうかは厚生労働省のホームページをご確認ください。
URL:https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html (厚生労働省)

※ 現在、助成対象となる検査はありません。

3.助成額

1回の検査につき、上限5万円

4.申請期限

「治療等を実施した日の同一年度内(3月31日まで)」または「検査期間の末日から3か月以内」のどちらか遅い日

5.申請方法

【窓口にお持ちいただく場合】
 住所地の各区役所・支所保健福祉課

【郵送にて申請いただく場合】
 〒650-8570 
 神戸市こども家庭局家庭支援課 
 特定不妊治療助成担当宛  (住所記入不要)


※郵送での受付は、消印日を申請日として取り扱います。
※配達記録の残る簡易書留や特定記録、レターパック等のご利用をおすすめしています。

6.申請に必要な書類

(1)神戸市先進医療にかかる不育症検査費用助成申請書(PDF:146KB)

  • 住民票の閲覧についての同意書も兼ねていますので、申請者氏名は必ず自署してください。
  • 自署いただけない場合は別途住民票の写し(発行日から3か月以内のもの)の添付が必要となります。
  • 記載見本(PDF:604KB)

(2)神戸市先進医療にかかる不育症検査受診等証明書(PDF:132KB)

(3)神戸市先進医療にかかる不育症検査結果個票(PDF:167KB)

  • 記載内容については、匿名処理をしたうえで神戸市が国へ報告いたします。

(4)領収書(コピー)

  • 原本をご提出いただいた場合、返却することはできません。
  • 明細書がある場合はお持ちください。

(5)預金通帳(またはキャッシュカード)などのコピー

  • 振込先の口座番号を確認させていただきます。
  • ゆうちょ銀行については、振込用の店番号・預金種目・口座番号を郵便局で事前に必ず確認してください。

7.認定・支給の方法

(1)治療履歴や提出書類等の審査を行います。
(2)審査によって最終的な助成金額を決定し、後日、承認(または不承認)決定通知を送付します。
(3)助成金の振込みは、おおむね申請後3か月程度要します。

8.よくあるご質問

Q1.年齢制限や婚姻要件はないのですか?

ありません。

Q2.申請は何回できますか?また助成額の上限はいくらですか?

回数制限はありません。助成額の上限は1回の検査につき5万円です。

Q3.すでに子供がいる場合でも助成の対象となりますか?

助成の対象となります。

9.お問い合わせ先

各区役所・支所保健福祉課

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階