スズメバチと上手につき合おう

最終更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

・駆除したい場合はこちら

スズメバチの見分け方

スズメバチは、ハチの中でも最も大型の種類で、一般的に攻撃性が強く、巣を守るために人を襲うことがあります。巣は低木の枝に作ることが多く、人家の生垣や庭木、軒先にもつくります。種類によっては、土の中や樹木の穴につくることもあります。
suzumephote

日本に生息しているスズメバチは17種類で、そのうち神戸でよく見かけるスズメバチは4種類です。

オオスズメバチ ハチのなかで最も攻撃性が高い。
体長:27~45㎜
木の穴や根本、土の中に巣を作る。
キイロスズメバチ スズメバチの中では小型であるが、被害としては本種が最も多い。
体長:17~28㎜
軒下、天井裏、木の枝などに巣を作る。
コガタスズメバチ 住宅街からの相談が一番多い種類である。
体長:22~29㎜
庭木や軒下などに巣を作る。
ヒメスズメバチ スズメバチの中ではおとなしいが、大型種である。
体長:24~37mm
床下、壁の間、物置の中など閉鎖された空間に巣をつくる。

kiirooosuzume
虫体の特徴

体色は黄色と黒色で、直線的に飛びます。

suzumetobu

アシナガバチとの比較

hikaku2
スズメバチは、ずんどう体型。アシナガバチは、スリム体型です。

巣の特徴

外側がきれいなマーブル模様なのが特徴です。

/images/2778/bee_suzume1.jpg
コガタスズメバチ初期の巣(逆さ徳利型)
yajirushi
su
コガタスズメバチの後期の巣(丸いボール型)


スズメバチの生活史
4月中旬頃 新女王バチが越冬から覚め、樹液などの水分をとりながら巣作りの準備を始めます。
6月頃 女王バチが1匹で巣を作り、産卵・幼虫の世話をします。
7月上旬~8月上旬 働きバチが誕生し、巣作りや幼虫の世話をします。
女王バチは産卵に専念するようになります。
7月下旬~8月中旬
(最盛期)
巣の大きさや働きバチの数がピークになり、活動が活発になります。
9 月頃 ~ 10月頃 新女王バチとオスバチがそれぞれ数十匹誕生し、交尾を始めます。
種類によっては、巣から離れて家の壁や庭木に群がります。
 11月 ~   3月頃
(越冬期)
旧女王バチ・働きバチ・オスバチは死に絶え、新女王バチだけが巣から離れた石垣や朽木の隙間で越冬します。
巣は1年限りで中は空になり、残った巣が翌年に利用されることはありません。
 

こんなときに注意

巣があるのを気づかずに生垣などを剪定してしまい、ハチを刺激して刺されることがあります。

スズメバチの巣ができてしまったら

まずはできるだけ近づかず、騒がず巣を刺激しないようにします。
冬になりハチが出入りしなくなるまで、十分に注意しましょう。
営巣場所にもよりますが、生活に支障があれば駆除をするという選択肢もあります。

※スズメバチの巣は1年限りで中は空になり、残った巣が翌年に利用されることはありません。

駆除したいときは

注目神戸市では、ハチの巣の駆除は行っておりません。
 個人宅の場合は、ご自身で駆除するか、専門の駆除業者(有料)に依頼してください。
 ご自宅以外に巣が出来た場合は、その所有者・管理者に相談してください。
 料金は事業者により異なります。

ご自身で駆除する場合

su1スズメバチの巣をご自身で駆除するときは、女王バチだけが単独で巣づくりしている6月くらいまでの、小さな巣(徳利を逆さにした形)のうちに行います。




★注意事項★

su2注意ボール型に大きくなった巣の駆除は大変危険ですので、専門の駆除業者にご依頼ください。


注意巣が小さい場合でも、処置を誤ると危険な場合がありますので、安全に十分に注意してください。
注意危険を感じたら、無理をせず、専門の駆除業者にご依頼ください。

時間

作業は、夜間に周囲に明かりがないことを確認して行います。
 暗闇ではハチの活動が鈍るので、比較的安全に作業することができます。

服装

厚手の長袖・長ズボン、手袋を着用し、首にタオルを巻く、フルフェイスのヘルメットあるいは帽子に透明袋をかぶるなど、なるべく体の露出部分をなくして行います。
 ・服装は、白を基調としたもので。(ハチは黒いものを攻撃します)
 ・化粧や香水などは使用しないで。(ハチは匂いにも誘引されます)

殺虫剤

市販のスプレー式殺虫剤を用意します。
※より安全かつ確実に駆除するためにも、ハチ専用の殺虫剤の購入をおススメします。

駆除作業

1.昼間に巣の位置を確認しておきます。
2.風上に立ち、市販のスプレー式殺虫剤を、巣の出入り口に噴霧し続けます。
 ・噴霧時間は、殺虫剤の説明書きに従ってください。
3.翌朝、明るくなってから、棒などで巣を落としてください。
 ・巣や死んだハチは素手で触らず、ホウキ等で集めて袋に入れましょう。
 ・2、3日の間は、働きバチが巣のあった場所を飛ぶことがあります。

その他(殺虫剤のご紹介)

最近では、置き型の殺虫剤も販売されています。
巣から離れたところに設置するため、巣に近づく必要がありません。
ハチを誘引して駆除エサを与えるタイプです。ハチが集まりますので、人通りの少ないところに設置するなどの注意が必要です。ご利用になる際は、取扱い説明書をよく読んでから設置してください。

駆除を依頼する場合

ハチの巣の駆除については、民間の専門業者に自費で依頼してください。
市では、特定の業者を紹介していませんので、事業者団体である一般社団法人兵庫県ペストコントロール協会へご相談ください。
一般社団法人兵庫県ペストコントロール協会(外部リンク)
TEL:0120-762-633
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局環境衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館20階