現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > 生活環境 > ハチと上手につき合おう > アシナガバチと上手につき合おう

更新日:2021年8月4日

アシナガバチと上手につき合おう

ここから本文です。

注意神戸市ではアシナガバチの巣の駆除は行っておりません。
巣の処置は、巣ができた場所の管理者が行ってください。
個人宅の場合は、ご自分で駆除するか、専門の駆除業者(有料)に依頼してください。
駆除方法のご相談は「神戸市ハチ相談ダイヤル」まで。

アシナガバチの見分け方

アシナガバチは、基本的におとなしいハチであり、巣を刺激しなければ人を攻撃することはありません。自然界では、農作物や庭木に付く毛虫やイモムシを食べたり、花粉を媒介するなど、益虫として役立っています。

体長は2cm前後、体色は黄色と黒色で、長めの足をだらりと下げて飛びます。

巣は、家の軒先、植え込みなどによく見られ、レンコンを切ってお椀型にしたような形でぶらさがっています。

営巣初期の巣
交わりあってる枝に巣がなっており、アシナガバチが巣を覗き込んでいる写真

営巣後期の巣
無数にある巣の穴にアシナガバチが6匹とまっている写真

  • 4月から5月に女王蜂が単独で巣をつくり始め、6月より働き蜂が羽化して共同生活をします。その後、巣は急激に大きくなり、ハチの数も増え、8月から9月に最大となります。
    • この時期に巣を刺激すると刺されることが多く注意が必要です。
  • 交尾は9月から10月ごろに、巣の近くの壁、石垣などの日だまりで、多数の雄バチと数匹の雌バチが群がって行われます。このときは、人を攻撃することはあまりなく、交尾が終わると雄は死に、雌のみが気温の低下(11月ごろ)とともに、木の割れ目や石垣の隙間などで越冬します。
    • 残った巣は、翌年には利用されることはありません。

アシナガバチの巣ができてしまったら

基本的におとなしいハチですので、巣を刺激しなければ刺されることはありません。生活に支障のない場所に巣ができた場合は、冬になりハチが出入りしなくなるまでそっと見守ってあげるようにしてください。

注意神戸市ではアシナガバチの巣の駆除は行っておりません。
巣の処置は、巣ができた場所の管理者が行ってください。
個人宅の場合は、ご自分で駆除するか、専門の駆除業者(有料)に依頼してください。
駆除方法のご相談は「神戸市ハチ相談ダイヤル」まで。

アシナガバチの巣の駆除方法

アシナガバチは殺虫剤に弱いため、比較的簡単に駆除できます。
ご自分で駆除する場合は、刺されないよう安全に十分に注意して行ってください。

服装

厚手の長袖シャツ、手袋を着用し、首にタオルを巻く、帽子やヘルメットをかぶるなど、なるべく体の露出部分をなくして行います。

殺虫剤

市販のスプレー式殺虫剤を用意します。
殺虫剤は薬局やホームセンターなどで安価に購入できます。
最近では、ガス圧の高い、ハチ専用の殺虫剤も販売されています。

駆除作業

  1. 夜間に周囲に明かりがないことを確認してください。
    • 暗闇ではハチの活動が鈍るので、安全に作業することができます。
  2. 風上に立ち、市販のスプレー式殺虫剤を、巣の斜め下または横から吹き付けます。
    • 巣の真下から噴霧すると、上からハチが降ってきて危険です。
  3. 巣の表面にいるハチが一斉に飛び立ったり、羽音に恐怖を感じても、作業を中断しないで、一定時間噴霧しつづけます。
    • 噴霧時間は殺虫剤により異なりますので説明書きに従ってください。
  4. 翌朝、明るくなってから、ハチが巣にいなくなったのを確認し、棒などで巣を落としてください。巣は燃えるゴミとして処分できます。
    • 巣や死んだハチは素手で触らず、ホウキ等で集めて袋に入れましょう。
    • 2、3日の間は、働きバチが巣のあった場所を飛ぶことがあります。

注意事項

駆除は巣が小さいうちに行うようにしましょう。
巣が大きくなると駆除が難しくなります。
大型の巣を駆除するときは、体の露出部分をなくし、ハチ専用殺虫剤を利用しましょう。
危険を感じたら、無理をせず、専門業者にご依頼ください。

☆ハチについてのご相談は「神戸市ハチ相談ダイヤル」へ
(令和4年3月31日まで)

ご自宅のハチについての電話相談

  • ハチの種類の見分け方をご説明します。
  • ハチの巣の駆除方法をお教えします。
  • 刺されないための注意点をお伝えします。

ご自宅訪問(希望される場合)

  • リーフレットにより駆除方法をお教えします。
  • 【スズメバチ・ミツバチ】で【危険性がある場合】、巣の駆除を行います。
  • (原則として無料ですが、施工には条件があります。詳しくは相談ダイヤルまで)
  • 神戸市では、【アシナガバチなど】の駆除は行いません。

☆神戸市ハチ相談ダイヤル(委託事業者(一社)兵庫県ペストコントロール協会)

0120-947-988(平日8時45分から17時30分)

★令和4年度からのご案内★
神戸市のハチ無料駆除が令和4年3月31日で終了します

 神戸市では上記のとおり「ハチ相談ダイヤル」でハチの相談を受け付け、市民生活に支障が生じている場合に、ご自宅等のスズメバチやミツバチの巣の無料駆除を実施していましたが、本制度については令和4年3月31日で終了します。
 令和4年度からは、皆様ご自身でハチ対策を行っていただくようお願いいたします。
(リーフレット)みなさまご自身でのハチ対策をお願いします(PDF:1,158KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局環境衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階