現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化財・民俗芸能 > 神戸の土木遺産と歴史 > 神戸市内の土木遺産の紹介 > 兵庫運河・新川運河(ひょうごうんが・しんかわうんが)

更新日:2019年11月1日

兵庫運河・新川運河(ひょうごうんが・しんかわうんが)

ここから本文です。

神戸市兵庫区

「港町神戸の発展を支えた運河の建設。」

運河

ウォーターフロント
兵庫運河株式会社

兵庫運河

  • 明治32年
  • 延長1,660メートル
  • 水路幅40から130メートル
  • 水面積114,500平方メートル


兵庫運河

新川運河

  • 明治8年
  • 延長1,530メートル
  • 水路幅25から110メートル
  • 水面積57,700平方メートル


新川運河

神戸市

施設の解説

新川運河

明治の初期、兵庫港には適当な船の避難所がなく遭難するものが多かった。そのため安全に避難できるような泊地をつくるとともに、併せて荷揚場等を設け貿易上の便を計ることを目的として兵庫運河の建設が計画された。

工事は明治7年2月に始まったが、難工事のため思うように進まず、明治8年5月にようやく新川運河の部分だけが完成した。

現在は運河沿いに遊歩道「キャナルプロムナード」が整備されて、市民の散策の場として、またイベント等にも利用されている。

兵庫運河

明治26年11月、兵庫運河株式会社が創立され、明治29年から3年間、林田村の海岸から南逆瀬川町を経て新川運河に合する運河を開削し、風波の高い和田岬を廻る難航路を避けて須磨・駒ヶ林方面と兵庫港を結ぶ水路をつくった。

明治32年12月に兵庫運河の工事は完成し、この時に掘った土砂で苅藻島がつくられた。

高松町・材木町・南逆瀬川町を通って明治8年に完成した新川運河に達する本線と、東尻池町から南に延びる支線、全長約2500メートルが兵庫運河として開通した。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局道路部計画課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸4階