拉致問題への取り組み

最終更新日:2021年12月8日

ここから本文です。

rachimonndaikeihatsu

北朝鮮による日本人拉致問題について、政府が認定した拉致被害者のうち有本恵子さん、田中実さんの2名が神戸市出身です。また、この他にも北朝鮮により拉致された疑いの強い方々がおられ、拉致問題の一刻も早い全面解決を目指しています。(政府内閣官房の拉致問題のホームページもあわせてご覧ください)

最新の取り組み(令和2年12月パネル展)
政府の拉致問題に関するページ(外部リンク)
YouTube 内閣官房拉致問題対策本部公式動画チャンネル(外部リンク)

 

「拉致問題を考える国民のつどいin兵庫・神戸」の開催

 拉致問題の早期解決と、有本恵子さんをはじめとする拉致被害者等の一刻も早い帰国の実現に向け、市民の関心と認識を深めることを目的として、政府拉致問題対策本部、兵庫県との共催による「拉致問題を考える国民のつどいin兵庫・神戸」を下記のとおり開催します。

・日時:令和3年12月18日(土曜)14時00分~16時00分
・会場:兵庫県公館 大会議室
・主催:政府拉致問題対策本部、兵庫県、神戸市

 チラシ(PDF:867KB)

「拉致被害者・家族義援金委員会」の義援金募集活動への支援について

北朝鮮当局による拉致被害者への支援として、「拉致被害者・家族義援金委員会」が設置され、義援金の募集を行っております。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

市長室国際部国際課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階