微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

ここから本文です。

微小粒子状物質(PM2.5)とは

微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊している粒子状物質で、粒径2.5μm以下のものです。物の燃焼などにより直接排出される場合と、硫黄酸化物・窒素酸化物・揮発性有機化合物などのガス状大気汚染物質が環境大気中での化学反応等によって粒子化する場合があります。主な発生源として、ボイラー、焼却炉等のばい煙発生施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じん発生施設、自動車、船舶、航空機などが挙げられ、これ以外に、土壌や海洋、火山等から発生する自然界由来のものや海外からの越境汚染もあります。粒径が小さいことから気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着することによる呼吸器や循環器系への影響が指摘されています。

微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起(兵庫県が発信)

環境省の「注意喚起のための暫定的な指針」を踏まえ、兵庫県は「PM2.5に係る注意喚起」を平成25年3月から実施しています。この注意喚起は、広範囲の地域にわたって微小粒子状物質による健康影響の可能性が懸念される場合に、参考情報として広く社会一般に注意を促すことを目的として行われるもので、兵庫県は県下を6地域[神戸・阪神(神戸市含む)、播磨東部、播磨西部、但馬、丹波、淡路]に区分し、各地域において、微小粒子状物質の日平均値が70㎍/立方メートルを超える恐れがある場合などに発信します。

兵庫県は、ホームページで現在の発信状況が情報提供しているほか、メールによる情報配信も行っています。

微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起発令時の注意事項

PM2.5濃度が暫定的な指針となる値を超えた場合には、その吸入を減らすため、屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らすことは有効です。その際、屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくする必要があります。特に呼吸器系や循環器系の疾患を有する者、小児、高齢者などは、より影響を受けやすい可能性があるので、普段から健康管理を心がけるとともに、体調の変化に注意することが大切です。また喫煙により、室内のPM2.5濃度が大きく上昇することが知られています(兵庫県ホームページ「PM2.5に関するよくある質問」からの抜粋)。

微小粒子状物質(PM2.5)の常時監視測定結果

微小粒子状物質(PM2.5)の成分分析とは

微小粒子状物質(PM2.5)の成分分析とは、地域により微小粒子状物質の構成割合が異なることから、どのような成分が含まれているかを分析するものです。微小粒子状物質の健康影響調査に資する知見の充実を図るとともに、その原因物質の排出状況の把握及び排出インベントリ(各発生源から排出される物質の排出量を物質別に産業別・燃料別等、各発生源の種類毎に整理したデータ)の作成、大気中の挙動や二次生成機構の解明等、科学的知見の集積を踏まえたより効果的な対策の検討を行うことを目的とし、神戸市を含めた各自治体において、大気汚染防止法に基づき質量濃度の測定に加え、成分分析を行っています。成分分析の結果は国において集約されます。

 

微小粒子状物質(PM2.5)の成分分析結果

令和元年度からの成分分析結果

関連外部リンク

兵庫県や環境省のホームページから、より広域的な情報が得られます。

日本気象協会のホームページから、PM2.5分布予測の情報が得られます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局環境保全部環境保全指導課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階