ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 建設局 > 技術管理情報 > 神戸市優良工事認定について

神戸市優良工事認定について

最終更新日:2022年11月7日

ここから本文です。

神戸市では、建設業者の意欲の向上と優秀な技術者の育成を図り、公共工事の品質向上に
つなげていくことを目的として、優良な工事施工を行った建設事業者・技術者を認定を行っております。

お知らせ

11月7日 令和4年度優良工事の工事概要および評価ポイント(PDF:3,024KB)

 

神戸市優良工事認定の概要

認定の審査対象工事(認定基準)

以下の全てに該当する工事

  • 市長、神戸市水道事業管理者および神戸市交通事業管理者の発注する工事(外郭団体の発注する工事は対象外)
  • 認定の前年度に完成した工事
  • 当初契約における請負金額が500万円以上(単価契約工事を除く)
  • 事故が発生していない工事(もらい事故を除く)

認定の対象者

認定基準を満たす工事を施工した業者、当該工事に配置された現場代理人および主任技術者(または監理技術者)
ただし、共同企業体として施工した工事の場合は、出資比率20%以上の全ての業者とその主任技術者(または監理技術者)とする。

認定の区分

「土木」、「造園」、「建築」、「電気設備」及び「機械設備」

認定の基準

以下の(ア)、(イ)又は(ウ)に該当する工事

  • (ア)施工体制、施工状況、品質などが総合的に優れていると共に、認定に値する良好な取り組みが認められること。
  • (イ)困難な施工条件への対応、創意工夫、地域への貢献等について特に顕著な取り組みが認められ、良好な施工を行ったこと。
  • (ウ)災害復旧工事や緊急工事において早期完了に向けて積極的に取り組み、良好な施工を行ったこと。

認定候補者の募集について

認定候補者の選定にあたり、施工された建設業者の皆様から積極的にアピールして頂く機会を設けるため、自薦応募を受け付けます。

詳細は、下記の「令和3年度 神戸市優良工事認定における候補者の募集について」を御確認ください。

神戸市優良工事認定要綱・神戸市優良工事認定実施要領

主な改定内容(令和4年度)
<神戸市優良工事認定要綱>
・企業における特別認定の取得条件を5年間連続取得から
 3年間連続取得に変更

神戸市優良工事認定 認定ロゴマーク使用管理要綱・神戸市優良工事認定 認定ロゴマーク使用管理要領

令和3年度 優良工事認定PR

【花時計ギャラリー広報】
期間:令和3年12月2日~12月15日
場所:さんちか通路 花時計ギャラリー画像1画像2

画像3

【これまでの認定(受賞)工事・事業者一覧】

卓越した技術力をもって他の模範となる優秀な成果をおさめ、本市建設事業に貢献されました企業及び技術者の方々です。

お問い合わせ先

建設局技術管理課