現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > ウイルス性肝炎 > 肝がん・重度肝硬変入院医療費助成(肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業)

更新日:2019年11月1日

肝がん・重度肝硬変入院医療費助成(肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業)

ここから本文です。

平成30年12月から肝がん・重度肝硬変入院医療費の助成制度「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業」がはじまります。肝がん・重度肝硬変による入院医療費が高額療養費に達した月が過去12月において3ヶ月以上に達した方を対象に、4ヶ月目以降の1指定医療機関での入院医療費の自己負担限度額を1万円に軽減します。
制度の詳細については、兵庫県のホームページをご参照ください。

対象者

対象となるのは、次のすべての要件に該当する兵庫県内に住所を有する方です。

1.認定基準を満たす方

2.下表の年齢区分に応じて、それぞれ同表の階層区分に該当する方

年齢区分 階層区分
70歳未満 医療保険者(介護保険法(平成9年法律第123号)第7条第7項に規定する医療保険者をいう。)が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する方
70歳以上75歳未満 医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方
75歳以上(注) 後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方

※65歳以上75歳未満であって後期高齢者医療制度に加入している方のうち、後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方を含む。平成26年3月31日以前に70歳に達している1割負担の方を含む。

3.指定医療機関において肝がん・重度肝硬変による入院医療費が高額療養費に達した月が過去12月において3月以上である方

4.各種医療保険法のいずれかに加入している方

5.厚生労働省の治療研究に参加することに同意し、臨床調査個人票及び同意書(様式2号)を提出された方

申請の流れ

1.医療機関から当事業についての説明を受け、「肝がん・重度肝硬変入院医療費助成事業入院記録票」を受け取る。

2.「入院記録票」に当該月を含む直近12月において3月以上対象の入院医療費が高額療養費に達したことが分かる記載がされたら、医療機関に臨床調査個人票及び同意書を記載していただく。

3.お住まいの区役所のあんしんすこやか係に下記の書類を提出する。

【提出書類】
全員

  • (1)肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証交付申請書(様式1号)
  • (2)臨床調査個人票及び同意書(様式2号)
  • (3)肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票の写し(様式13号)
  • (4)(加入医療保険の保険者が市町及び国民健康保険組合の方)保険照会にかかる同意書

更に、年齢・適用区分に応じて追加書類がございます。

70歳未満

  • (5)被保険者証(健康保険証)の写し
  • (6)限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の写し
  • (7)申請者の住民票<コピー不可>


75歳以上(高額療養費の適用区分が「一般」にあたる方)

  • (5)「被保険者証(健康保険証)と高齢受給者証の写し」もしくは「後期高齢者医療被保険者証の写し」
  • (6)申請者の住民票<コピー不可>
  • (7)限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の写し

75歳以上(高額療養費の適用区分が「一般」ではない方)

  • (5)「被保険者証(健康保険証)と高齢受給者証の写し」もしくは「後期高齢者医療被保険者証の写し」
  • (6)世帯全員(申請者と同保険に加入している者のみで可)の住民票<コピー不可>
  • (7)申請者と同保険に加入している世帯全員の市町民税課税年額(または非課税)を証する書類

※65歳以上75歳未満の者が、後期高齢者医療制度に加入している場合は、75歳以上の例に基づいて申請してください。

4.兵庫県が申請内容を審査し、承認された場合は「参加者証」が届きます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局保健所調整課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階