現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > ウイルス性肝炎 > 肝炎ウイルス定期検査費用助成事業

更新日:2019年11月1日

肝炎ウイルス定期検査費用助成事業

ここから本文です。

肝炎ウイルス陽性者の方に対して、定期検査費用を助成し、定期的なフォローアップを行います。
制度の詳細については、兵庫県のホームページをご参照ください。

兵庫県肝炎ウイルス陽性者初回精密検査・定期検査費用の助成について(外部リンク)

対象者

対象となるのは、次のすべての要件に該当する兵庫県内に住所を有する方です。

  1. 医療保険各法(後期高齢者含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  2. 肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変及び肝がんの方(治療後の経過観察の方も含む)
  3. 「住民税非課税世帯に属する方」又は「市町民税(所得割)課税年額が235,000円未満の世帯に属する方」
  4. フォローアップに同意した方
  5. B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成(兵庫県肝炎治療特別促進事業)の受給中でない方

申請の流れ

1.フォローアップに同意

お住まいの区役所のあんしんすこやか係でフォローアップについて、説明を受けたうえで請求書等の必要書類を受け取ってください。

フォローアップとは

定期検査の受診状況や治療状況を確認させていただき必要な相談支援を行います。
お住まいの区役所の保健師からお手紙の送付、お電話等をさせていただきます。

2.検査を受診

医療機関を受診し、窓口で請求された検査費用をいったん支払ってください。医療機関の領収書と診療明細書は必ず発行してもらってください。
※医療機関によって発行に費用がかかる場合があります。その費用は自己負担となります。

3.助成金の申請

お住まいの区役所のあんしんすこやか係に下記の書類を提出してください。

提出書類

  • (1)肝炎検査費用請求書兼フォローアップ同意書(様式1)
  • (2)医療機関の領収書(レシートは不可)
  • (3)医療機関が発行した医療内容、保険点数等が記載された書類(診療明細書)
  • (4)振込先金融機関の口座が分かる書類(預金通帳の写し等)
  • (5)医師の診断書(様式2)
    ※以下のいずれかに該当する場合は提出の省略が可能です
    • 以前に兵庫県知事から定期検査費用の支払いを受けた場合
    • 1年以内に兵庫県肝炎治療特別促進事業の申請において医師の診断書を提出している場合
  • (6)住民税非課税証明書又は市町民税の課税年額を証する書類((7)に示す世帯全員分)
    平成30年7月~2019年6月末に申請の場合→H30年度の課税額(29年分)
    ※以前に兵庫県肝炎治療特別促進事業による肝炎治療受給者証の交付を受けた際に知事へ提出した書類と同様の内容である場合は提出の省略が可能です
  • (7)対象者及び対象者と同一世帯に属する全員の記載がある住民票の写し
    ※申請日前3ヶ月以内に発行されたもの
    ※上記(6)により提出書類を省略した場合は提出の省略が可能です

4.兵庫県による審査・申請者への支払い

申請内容を審査し、承認された場合は指定の口座に助成金を振り込みます。

肝炎ウイルス定期検査費用助成のご案内(ちらし)(PDF:460KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局保健所調整課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階