現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > ウイルス性肝炎 > 肝炎ウイルス陽性者初回精密検査費助成事業

更新日:2020年6月10日

肝炎ウイルス陽性者初回精密検査費助成事業

ここから本文です。

肝炎ウイルス陽性者の方に対して、初回精密検査費用を助成し、定期的なフォローアップを行います。
制度の詳細については、兵庫県のホームページをご参照ください。 

対象者

対象となるのは、次のすべて(2は(あ)~(え)のいずれか)の要件に該当する兵庫県内に住所を有する方です。

  1. 医療保険各法(後期高齢者含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  2. 1年以内に、以下のいずれかの肝炎ウイルス検査で陽性と判定された方

 (あ)兵庫県又は神戸市の肝炎ウイルス検査

 (い)職場の肝炎ウイルス検査

 (う)妊婦検診の肝炎ウイルス検査

 (え)手術前の肝炎ウイルス検査

 ※ 請求できるのは、陽性と判定されてから1年以内です。

3. フォローアップに同意した方

申請の流れ

  1. フォローアップに同意
    お住まいの区役所でフォローアップについて、説明を受けたうえで、請求書等の必要書類を受け取ってください。
  2. 精密検査を受診
    肝炎ウイルス検査の結果通知書を持参して受診してください。
  3. 医療機関での支払
    医療機関で請求された額をいったん支払い、医療機関の領収書と診療明細書を必ず発行してもらってください。
    ※医療機関によって発行に費用がかかる場合があります。その費用は自己負担となります。
  4. 助成金の申請
    お住まいの区役所に下記の書類を提出してください。

<提出書類>

 ①肝炎ウイルス初回精密検査費用請求書兼フォローアップ同意書

 ②初回精密検査を受けた医療機関の領収書

 ③初回精密検査を受けた保険医療機関が発行した医療内容、保険点数等が記載された診療明細書

 ④初回精密検査費用振込先金融機関の口座がわかる書類(預金通帳の写し等)

 ⑤-(あ)肝炎ウイルス検査の結果通知書(写し)

 ⑤-(い)職場の肝炎ウイルス検査の結果通知書(結果通知書により職場での検査と分からない場合のみ、別紙による証明書が必要)

 ⑤-(う)母子健康手帳の検査日及び検査結果が確認できるページの写し(母子健康管理手帳により検査日等が確認できない場合、医療機関発行の結果通知書が必要)

 ⑤-(え)肝炎ウイルス検査の結果通知書、及び肝炎ウイルス検査後に受けた手術に係る手術料が算定されたことが確認できる診療明細書

⑤について、陽性と判定された肝炎ウイルス検査ごとに必要書類が異なるため、ご注意ください。

5. 兵庫県による審査・申請者への支払い

申請内容を審査し、承認された場合は指定の口座に助成金を振り込みます。

肝炎ウイルス初回精密検査費用助成のご案内(ちらし)(PDF:517KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア