ホーム > ビジネス > 産業振興 > 神戸市の農漁業 > 神戸ビーフの生産現場を応援したい(ふるさと納税のご寄附のお願い)

神戸ビーフの生産現場を応援したい(ふるさと納税のご寄附のお願い)

最終更新日:2022年12月1日

ここから本文です。

 

神戸ビーフ画像
神戸市では、皆さまからいただいたふるさと納税寄附金を活用し、
大切な神戸ビーフを未来へ残しつづけるための取り組みを行っています。

未来に残しつづけたい神戸ビーフ(外部リンク)

神戸ビーフの生産現場が危機的状況です

これまでも、後継者不足や生産費の高騰、伝染病のリスクにさらされて、生産現場は大変な苦労をしてきましたが、最近ではコロナ禍や海外の情勢を受けてますます厳しい状況になっています。
具体的には、コロナ禍によるインバウンドや外食需要の減少による神戸ビーフの価格の低下、海外の情勢による前例のない規模のエサ代の高騰です。
この状況が長く続いてしまうと、農家の畜産経営の継続が難しくなってしまいます。

生産現場を応援するために

神戸市ではこの危機的状況において、皆さまからの
「神戸ビーフを未来に残し続けたい」
「神戸ビーフの生産者に感謝の気持ちを伝えたい」
「神戸ビーフ、すごく美味しかったよ」
…このような気持ちを形にするために、以下の取組みに寄附金を活用しています。

神戸育ちの神戸ビーフを増やす

令和4年2月現在、神戸市では13戸の農家が神戸ビーフを生産しています。
年間に生産される神戸育ちの神戸ビーフの数は500頭ほどです。
神戸市では但馬牛(神戸ビーフのもとになる牛)の受精卵移植を支援し、神戸育ち神戸ビーフを増やす取組みを行っています。

不安定な生産現場をバックアップ

社会情勢の変化で簡単に経営が左右されてしまう生産現場。神戸市では各種補助制度によって、不安定な経営を支えています。

牛たちの健康を守る

畜産現場は病気のリスクと常に隣り合わせです。大切な牛たちを守り、生産環境をより良くするために、神戸市では衛生防疫対策にも力を入れています。

神戸ビーフを知ってもらう

神戸ビーフの知名度は非常に高いと思いますが、実際に食べたことがある人は意外と少ないかもしれません。神戸市では神戸ビーフの魅力を伝えてファンを増やすために、PRを行っています。

寄附の手続き

これらの取組へのご寄附については以下の方法でお申込みいただけます。
寄附先のメニューは「神戸ビーフの生産現場を応援したい」を選択してください。

1インターネット上でのお申込み

寄附のお申込みには、下記の各種サイトをご利用ください。
下記の画像(バナー)をクリックしてください。
 

  ふるさとチョイス     さとふる 

   ふるなび  ふるさとパレット

2郵送・FAXでのお申込み(寄附申込書の利用)

寄附申込書をご記入の上、下記宛先まで郵送またはFAXしてください。
申込み受付後、順次、郵便局での払込取扱票をお送りしますので、郵便局で寄附金をお支払いください。
クレジットカード払いをご希望の方は、インターネット申込みをご利用ください。

申し込み先
神戸市 企画調整局 参画推進課
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1
TEL:078-322-6967 FAX:078-322-6051

寄附申込書(外部リンク)

寄附金の使い道で、『14.神戸ビーフの生産現場を応援したい』をご選択ください。

お問い合わせ先

経済観光局西農業振興センター