街路樹再整備方針

最終更新日:2022年2月7日

ここから本文です。

街路樹再整備方針について

本市では昭和46年から市街地の3割緑化等を目標としたグリーンコウベ作戦を展開し、街路樹が飛躍的に増加しましたが、植栽後40年以上が経過した樹木が増えている現在、さまざまな課題も生まれています。

これらの課題をふまえ、街路樹がより健全に生育できる環境や安全で居心地の良い歩行空間を整備し、デザイン都市神戸にふさわしい街路景観形成を目指し、街路樹再整備方針を策定しました。

街路樹再整備の実施事例

倒木等の危険がある大木化、老木化した街路樹を更新した事例です。
実施前
実施前の写真
実施後
実施後の写真


歩道が狭い山間部にある街路樹を撤去した事例です。
実施前
車道から見た実施前の写真
実施後
車道から見た実施後の写真

歩道上の実施途中状況
歩道から見た実施中の写真
歩道上の実施後状況
歩道からみた実施後の写真
樹木を撤去した後の切り株は、撤去する時に水道管やガス管などの地下埋設物に影響する可能性があります。そのため樹木の伐採後に切り株を3年から5年程度残置し、腐食が進んでから切り株を撤去して舗装する場合があります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局公園部整備課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸5階