現在位置

ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 花と緑と六甲山 > 神戸の街路樹 > 街路樹のはたらきや歴史

更新日:2019年11月1日

街路樹のはたらきや歴史

ここから本文です。

街路樹ってなに?

一般に道路に植えられている樹木のことを街路樹と呼びます。
古くは奈良時代のことを記した文献に道路の樹木に関する記録があり、街路樹は昔から人々の暮らしの中にあったようです。
その後、近世には街道整備に伴って沿道に樹木が植えられていきました。
摂津国の名所を絵画と文章で紹介した「摂津名所図会」(18世紀末)には、神戸では神社の参道にマツやサクラと思われる並木が見られます。
明治に入ると、横浜や東京で計画的に街路樹が植えられるようになり、銀座のシダレヤナギなど、評判になるものもありました。
神戸の旧居留地に街路樹が植えられたのも明治時代です。

一般的に、街路樹には「環境に強く」「姿が美しい」樹木が使われ、イチョウやサクラなどの「高木」以外にも、少し背の低いサザンカやツツジなどの「中木」「低木」があります。
また、樹木には冬に葉を落とす「落葉樹」と一年中葉をつけている「常緑樹」があります。
落葉樹は、春の芽吹きから、夏の緑陰、秋の紅葉、冬の落葉と季節感があります。一方、常緑樹は一年を通じて緑豊かで潤いを与えてくれます。

街路樹のはらたき

街路樹のさまざまなはたらき(機能)を紹介します。

  • 街路樹のはらたきの画像景観:美しい景観をつくり、まちに潤いを与えます。
  • アメニティ:緑陰をつくり、埃や排気ガス・強風を防ぎます。
  • 防災:災害時に熱や延焼からまちを守ります。
  • 環境:ヒートアイランド対策やCO2の削減に効果があります。
  • 安全:歩行者の安全を守ったり、車のライトの影響をやわらげます。
  • 生物多様性:まちの自然を守り、鳥や虫などの生き物を呼びます。

神戸の街路樹の歴史

近世の街道など

摂津国の名所を絵画と文章で紹介した「摂津名所図会」(18世紀末)を見ると、街道沿いの樹木はまばらなのに、参道や河川沿いにはマツやサクラの並木が見られます、この頃の神戸では参道が街路樹を楽しめる道だったようです。

街路樹のはじまり

明治時代には横浜や東京で計画的に街路樹が植えられ始め、旧居留地ではヨーロッパの近代都市計画技術を基に格子状街路、街路樹、公園、街灯、下水道などが整備されました。

グリーンコウベ作戦から緑生都市へ

神戸市を緑豊かな都市にすることを目指して、昭和46年にスタートした「グリーンコウベ作戦」によって、公園や街路樹といった市内の緑の量は大幅に増加し、現在はまちに豊かな緑が形成されています。
今後もこのかけがえない緑を大切にし、「緑とともに永遠に生き続ける都市=緑生都市(りょくせいとし)」を目指して、皆様とともに街路樹の育成をすすめたいと願っています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局公園部整備課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸5階