乳がん検診

ここから本文です。

乳がんについて

乳がんについて知りたい方はこちら

検診方法

マンモグラフィ(乳房専用のレントゲン撮影)、自己検診法の指導を行います。

乳がん検診の視触診は原則、廃止しています。
平成28年2月4日に国の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」が改正され、「乳がん検診の項目は、問診及び乳房エックス線検査とする。なお、視診及び触診は推奨しない」とされたことから、本市においても平成29年度より乳がん検診における視触診を原則として廃止します。

ただし、豊胸手術や乳房の切除手術者、心臓ペースメーカー装着者等でマンモグラフィの実施が不可能な場合は、これまでと同様、片方のみ撮影もしくは視触診のみでの受診が可能です。(指定医療機関での個別検診のみ)

早期発見のために

乳がんでは、多くの場合、乳房の中に固くて痛みのない小さなしこりができており、自分で触って発見できる数少ないがんです。
早期発見のため、月1回の自己触診を習慣づけましょう。

また、自分では気づかない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんを見つけるために有効なマンモグラフィ検診も、乳がんの早期発見に欠かすことのできないものです。

乳がん早期発見の秘訣は、月1回の自己触診と、2年に1回のマンモグラフィ検診を続けることです。

乳がん自己触診の方法

受診対象者

当年度に40歳以上の偶数歳の誕生日を迎える女性市民該当する方は当該年度中に1回(4月1日~翌年3月31日)受診できます。

年齢早見表(平成31年度対象者)(PDF:57KB)

年齢早見表(令和2年度対象者)(PDF:57KB)

検診会場

指定医療機関

がん検診指定医療機関名簿

地域巡回検診

検診車が地域を巡回しています。

検診料

40歳代:2,000円50歳以上:1,500円ただし、以下の方は無料です。

無料対象者

  1. 70歳以上の方(昭和22年3月31日以前生まれの方で本年度偶数歳の誕生日を迎える方)
  2. 40歳総合受診券の対象者
  3. 生活保護法による被保護世帯に属する方(※)
  4. 特定中国残留邦人等支援給付受給者(※)
  5. 市民税が非課税又は均等割のみ課税の世帯に属する方(※)

(※)3、4、5に該当する方で、がん検診の受診を希望する方は、住所地の区役所内にある保健センターあんしんすこやか係で受診券の交付を受けてください。
受診券交付の際は、本人確認書類(運転免許証・健康保険被保険者証等)をご持参ください(3に該当の方は生活保護適用証明書を持参)。

申込方法

指定医療機関の場合

直接指定医療機関へ「神戸市乳がん検診」を受診する旨伝えて電話で予約してください。

地域巡回検診(予約定員制)の場合

申込先:兵庫県予防医学協会乳がん検診係
電話:078-871-7758
受付時間:8時30分~17時(土・日・祝日、年末年始を除く)

  • 申込みが多数の場合、希望に添えない場合があります。
  • 受診の案内は、1週間前までに郵送で通知します。

健診・検診についての問い合わせ先

神戸市けんしん案内センター(兵庫県予防医学協会内)
電話:078-262-1163(午前8時30分~午後5時土・日・祝日、年末年始を除く)
FAX:078-262-1165

けんしん案内センターでは予約は出来ません。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階