現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 出産 > 助成・支援 > 妊娠中毒症・未熟児等の医療費助成

更新日:2019年11月1日

妊娠中毒症・未熟児等の医療費助成

ここから本文です。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)・未熟児などで入院した場合、医療費の公費助成制度が受けられます。

窓口

お住いの区のこども保健係、北須磨支所こども保健係、西神中央出張所保健福祉サービス窓口

医療費の公費助成制度

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)等 療養援護費支給

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、糖尿病、貧血、産科出血および心疾患のために入院日数が7日以上かかる妊産婦の入院治療に必要な費用の一部を援助します。医療が終了してから30日以内(ただし、入院期間が21日を超える場合は、入院した日から起算して22日以降30日以内)に申請してください。

【対象】前年所得税課税年額が15,000円以下の世帯の人

未熟児養育医療給付

出生時体重が2,000g以下の未熟児、または未熟児であって特定の症状を有するものに、指定養育医療機関での入院費のうち保険診療にかかる自己負担額および食事療養費について神戸市が助成します(※公費助成を受けるには審査があります)。生後1か月以内に申請してください。

※申請方法や制度に関して、詳しくは下記PDF(神戸市未熟児養育医療のご案内)をご覧ください。

※平成29年1月1日から、マイナンバー(個人番号)の利用開始に伴い、申請書等へのマイナンバーの記入や申請者のマイナンバーや身元を確認する書類の提示が必要となりました。
申請時に必要な書類については、下記PDF(神戸市未熟児養育医療のご案内)の2ページをご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局こども育成部家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階