更新日:2020年10月26日

地盤の状況を確認しましょう

ここから本文です。

地質・地耐力を確認しましょう

土地(地盤)には、場所によって様々な性格があります。
そのため計画地が計画建物を支える強さを持っているかどうかをその都度調べる必要があります。どのような土地(地盤)になっているか専門家(建築士・工事施工会社・地盤調査会社など)に相談し調査してもらいましょう。

参考

地盤調査の流れ(概略)

  1. 過去の地盤調査結果(当該地・近隣)の入手
  2. 周辺家屋や道路の異常(不同沈下によるひびわれなど)の調査
  3. 地盤調査を実施
    • a)スウェーデン式サウンディング試験
      (先端に錐(きり)をつけた鋼鉄のシャフトにおもりをつけて地盤に回転させねじ入れ、錐が25cm沈む毎の回転数をもとに地盤の強さを求める方法;比較的容易・安価な調査)
    • b)ボーリング調査
      (鋼鉄製のパイプ状の先端部(サンプラー)を機械で回転させながらねじ込み、おもりを一定の高さから落としてサンプラーが30cm沈むまでの落下回数から地盤の強さを求め、サンプラーの中の土から土質(砂・粘土質など)を判定する方法;本格的な調査)

1.2.3.のほかにも地盤調査方法がありますので、詳細については専門家にご相談ください。

過去に神戸市が行った地盤調査結果(ボーリングデータ)は「神戸JIBANKUN」で閲覧等ができます。
詳しくは神戸JIBANKUN(外部リンク)をご覧ください。

地盤の性格が原因で起こりうる不具合(例)

  • 良質な地盤が一様でない、軟弱地盤の上に重量が偏る建物(一部が2階など)を建築する場合―不同沈下(建築した後、建物の一部が下がってくる)
  • 砂質地盤で地下水位が高い場合など―液状化(地震時などに地盤の強さが0になる)

地盤が弱い場合の対処方法(例)

  • 地盤改良をする―地面に固化剤を混ぜて土地(地盤)を硬く・強くするなど
  • 特別な基礎にする―良質な地盤まで基礎を到達させるなど

宅地にかかる規制を確認しましょう

宅地造成地にかかる法律(宅地造成等規制法)の確認やその法律による許可の有無、検査済証の交付を確認しましょう。

宅地造成等規制法の概要はこちら(宅地造成等規制法の概要のページ)をご覧ください。

斜面地等であるとき

斜面地等、またはがけ地に近接している場合や擁壁がある場合は、土地の性格を考慮して構造上安全であるように建物を建築する必要があるので、注意しましょう。

斜面地に建築する場合のよくある質問はこちら(よくある質問集(斜面地等に建築する場合)のページ)をご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局建築指導部建築安全課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階