現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > WEB広報 > こうべキッズ百科 > こうべキッズ百科:産業 > こうべキッズ百科:神戸の産業(伝統工芸)

更新日:2019年11月1日

こうべキッズ百科:神戸の産業(伝統工芸)

ここから本文です。

須磨琴

須磨琴すまごとは、1枚まいの板いたに1本ぽんの弦げん(細ほそい糸いとのようなもの)がはられただけの、簡単かんたんな仕組しくみの楽器がっき(一弦琴いちげんきん)です。
長短ちょうたん2本の爪つめを指先ゆびさきにつけて、演奏えんそうします。

須磨琴は、平安時代へいあんじだい、須磨にやってきた在原行平ありはらのゆきひらが作つくった楽器だと、伝つたえられています。
その後あとも、行平をしたって、須磨琴を習ならう人ひとが次々つぎつぎに出でてきました。

須磨寺すまでらでは、1965年(昭和しょうわ40年)に一絃いちげん須磨琴保存会ほぞんかいを作つくられました。
須磨琴を大切たいせつに、未来みらいに伝つたえていく努力どりょくをしています。

有馬筆


有馬筆ありまふでは、材料ざいりょうにイタチ、タヌキ、ヒツジ、シカ、ウマ、ネコなどの毛けを使つかい、たくさんの手間てまをかけて作られている書画用しょがよう(字じや絵えを描かくため)の筆で、400年以上いじょうの歴史れきしがあります。

古ふるくは、有馬温泉おんせんをよく訪おとずれていた、僧そうや貴族きぞくなどに使われ、筆の材料ざいりょうになる動物どうぶつもたくさんいたことから、産業さんぎょうとして発展はってんしてきました。

一番盛ばんさかんだった明治めいじの頃ころには、約やく320人の職人しょくにんが、1年間ねんかんに約500万本まんぼんの筆を作っていました。

ところが、最近さいきんは筆を使う人が少すくなくなったため、筆を作る職人もいなくなり、今いまでは有馬筆を作る職人は、3人だけになってしまいました。

有馬筆のほとんどは北区きたくで作られていて、跡あとを継つぐ人を育そだてるために、「有馬筆技術ぎじゅつ保存会」も作られています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階