現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 港湾施設の立入り制限・禁止区域

更新日:2021年3月12日

港湾施設の立入り制限・禁止区域

ここから本文です。

港湾施設の立入り制限・禁止区域

 神戸市港湾局では、船舶の入出港や港湾荷役などを行うため、神戸港の港湾施設を管理しています。

 港湾施設の使用にあたっては、使用許可が必要となっており(神戸市港湾施設条例第3条)、許可なく港湾施設を使用(立入り)することはできません。

 また、船舶の係留及び貨物の揚げ積みを行う係留施設(岸壁・物揚場)や貨物の荷捌き及び一時蔵置を行うための荷捌地・上屋については、「必要な免許、その他資格を有しないとき」は原則として使用を許可できないことになっています。

 使用を許可されていない関係者以外の港湾施設への「立入り」は、荷役作業等への支障や事故を招く恐れがあり、大変危険です。(「魚釣り」行為を含む。)

 特に、港湾施設のうち防波堤については、外洋から打ち寄せる波を防ぎ、波浪から港湾内部の安静や津波・高潮の被害から陸域を守るために設置されたものであるため、一般の方の使用(立入り)を想定した施設となっておらず、天候の急変や高波の危険がある他、海面への転落などの事故に繋がる可能性があるため、立入は原則認めてはいません。また、遊漁船事業者による防波堤への瀬渡し行為も禁止です。

 また、神戸港は、外国との物流を結ぶ重要な国際貿易港のため、国際航海航路や国際港湾施設に対する危害行為やテロ等を防止する保安上の観点から、SOLAS条約による関係者以外の立入りを制限している区域があります。

 神戸港の立入り制限・禁止区域:こちら(PDF:385KB) 

 須磨海岸の立入り禁止区域:こちら(PDF:578KB)

 兵庫県/農政環境部農林水産局水産課ホームページ

 「遊漁船事業の登録について」(外部リンク) 

  「適切な遊漁船業の運営について」(PDF:145KB)

神戸港での「魚釣り」

 神戸市では、市民に安全で快適な海釣りの場を提供するため、垂水区に平磯海づり公園を設置しています。また、神戸空港北側の親水護岸は、魚釣りを楽しんで頂ける区域ですので是非ご利用ください。

神戸港の岸壁や物揚場、護岸などは港湾施設条例第19条第1項により「魚釣り」行為が禁じられています。また、緑地(公園)においても、同条例第28号その2第4号で鳥獣魚類を捕獲し、又は殺傷することが禁じられているため、神戸港内での「魚釣り」は禁止です。

罰則等について

 港湾施設を許可なく使用(立入り)した場合は、神戸市港湾施設条例第44条に基づき、5万円以下の過料に処される場合があります。

 また、立入りが禁止された場所への侵入は、軽犯罪法第1条に基づき、施設侵入者は拘留または科料に処されることがある他、立入り禁止場所まで連れて行った者も幇助犯として扱われた場合は、拘留または科料に処される場合があります。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

港湾局神戸港管理事務所 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル6階