現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 幼稚園・認定こども園・保育所・地域型保育 > 神戸市は待機児童ゼロへ!

更新日:2021年6月15日

神戸市は待機児童ゼロへ!

ここから本文です。

保育所等利用待機児童数(令和3年4月1日時点)

子育てを取り巻く環境は、令和元年10月に幼児教育・保育の無償化がスタートするなど、状況が大きく変化しています。就学前児童数が減少している一方で、女性の就業希望者の増加などにより、保育所等の利用申込者数は拡大傾向にあります。

神戸市では、子育て環境の充実、仕事と子育てが両立できる環境づくりをめざし、待機児童対策として「保育施設の整備」「保育人材の確保」「利用者支援の充実」に取り組み、保育定員の拡大を進めてきました。


令和2年度は、令和元年度の約1,400人分に引き続き、約900人分の保育所等利用定員拡大を達成し、令和3年4月1日時点の保育所等利用待機児童数は、過去最少の11人となりました。

引き続き、地域の保育ニーズを把握しつつ、保育の受け入れ枠の確保を図ってまいります。また、保育人材の確保対策や多様な保育ニーズへの対応など様々な施策を充実していくことで、総合的に保育環境の充実を図り、安心して子育てができるまちの実現を目指していきます。

待機児童の状況(詳細は資料1、2、3参照)

11人(前年比▲41人)

保育所等利用定員数・待機児童数の推移(各年4月1日時点)

待機児童数グラフ

令和2年度の保育所等利用定員の拡大

令和2年度は、市有地を活用した教育・保育施設の整備に加えて、新たな取り組みとして保育送迎ステーションを市内5か所に整備するなど、約900人分の保育所等利用定員の拡大を達成しました。

保育送迎ステーション:利便性の高い駅周辺に子ども(3歳~5歳)を預かるステーションを整備し、保育所まで専用バスで送迎する

  • 保育所・認定こども園の新設・分園整備等(457人)
  • 幼稚園から認定こども園への移行(40人)
  • 小規模保育事業所等の整備(202人)
  • 既存園の定員増等(199人)

<参考1>市有地を活用した教育・保育施設(令和3年4月開設)

市有地最新

<参考2>保育送迎ステーション(令和3年4月事業開始)

ステーション1最新
ステーション2最新

関連資料

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局幼保振興課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館8階