ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化施設 > 神戸アートビレッジセンター

神戸アートビレッジセンター

最終更新日:2022年7月15日

ここから本文です。

神戸アートビレッジセンター(愛称:KAVC(かぶっく))について

神戸アートビレッジセンターは若手芸術家の育成を図るとともに、新開地を芸術の村として構築し、まちの活性化を図るため、新開地商店街の中に平成8年にオープンしました。ホール、ギャラリー、スタジオ、アトリエなどを設け様々な事業を行っています。

神戸アートビレッジセンターの詳細・お問い合わせについては、神戸アートビレッジセンター公式サイト(外部リンク)をご覧ください。

神戸アートビレッジセンターの活性化

神戸市では、神戸アートビレッジセンターの開館から25年を機に、より地域に開かれた施設とするためのリニューアルを検討しています。
令和5年4月のリニューアルオープンを目指し、ネットモニターアンケートや近隣住民アンケート、現地での実験イベント等を通じて市民の皆様から頂いたご意見に加え、「神戸アートビレッジセンター地域活性化機能検討会(全6回)」で委員の皆様からご意見をお伺いしながら検討を進めています。
詳細はこちらからご確認ください。

お問い合わせ先

文化スポーツ局文化交流課