現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 薬・献血

更新日:2019年11月1日

薬・献血

ここから本文です。

10連休(4月27日から5月6日まで)の薬局の開局情報

本年4月27日から5月6日までの10連休における神戸市内の薬局の開局情報について、下記のリンクをクリックし、ご確認下さい。

学生ボランティア募集のお知らせ

神戸市保健所では平成21年度から多くの学生ボランティアの協力を得て、同世代の大学生などに対して健康づくりに関連するテーマを決め、啓発活動を行っています。

詳しくは、下記の「学生ボランティアを募集します!!」をご覧ください。

薬物乱用防止に関するお知らせ

覚醒剤や大麻等の違法薬物はたった一度の使用でも乱用になります。
一度くらいなら、といった軽い気持ちが、あなたやあなたの大切な人の人生を壊してしまいます。
「ダメ。ゼッタイ。」の強い気持ちで誘いを断ることが重要です。

薬物乱用防止について、正しい知識を身につけましょう。

近年大麻の乱用が増加しています!

近年、若年者が大麻を乱用し、検挙される事例が増加しています。
インターネット等で、大麻は安全、依存性がないといった誤った情報も流れていますが、実際には脳への影響や心身の発達に影響を与えることが確認されています。

薬物乱用防止に関する情報について

あやしいヤクブツ連絡ネットについて

近年、インターネット等で、医薬品や健康食品等のさまざまな商品が販売されており、消費者がインターネット等で「無承認無許可医薬品」、「指定薬物」、「偽造医薬品」といった「あやしいヤクブツ」を購入し、健康被害に遭遇する事例が多数報告されています。

厚生労働省は、下記のサイトで「あやしいヤクブツ」についての情報提供や注意喚起を行っています。
「あやしいヤクブツ」の通報先にもなっていますのでご覧ください。

献血に関するお知らせ

献血は人と人との助け合いで成り立っています。

病気やけがの治療のため、輸血や血液製剤を必要とする人たちが数多くいます。
この輸血や血液製剤は、健康な方々から自発的に無償で血液をいただく「献血」により作られています。

皆様の温かいご支援・ご協力をお願いします。

献血にご協力いただく前に

皆様からいただいた血液は、病気やけがの治療で血液が必要な方へ使用されます。安全で安心できる血液製剤の確保のためにも、検査目的での献血は控えていただくようにお願いします。

神戸市では、HIV等性感染症に感染していないかどうかを調べるために、「無料・匿名」で血液検査を受けることができます。
日時等については下記をご覧ください。

献血の実施場所について

下記のページにて、お近くの献血ルームの場所や献血バスの運行スケジュールを確認できます。
献血にご協力いただける方は、各会場までお願いいたします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階