自衛消防訓練マニュアル

最終更新日:2020年10月21日

ここから本文です。

なんで訓練をやらなきゃいけないの?

火災は、いつ、どこで発生するか予測できません。火災では、初期対応が大切です。消防隊が来るまでは、そこにいる人が適切な判断で行動しなければなりません。
そのためにも訓練は大切です。人間は突発的に災害に遭遇するとパニックに陥りやすいものです。もし火災が起こってもあわてずに行動できるよう、繰り返し訓練を実施することによって、体で覚えた行動が万一のときに役立ちます。

このため消防法では、一定規模以上の防火対象物の管理について権限を有する者は、防火管理者を定め、消防計画を作成し、当該消防計画に基づく消火、通報及び避難訓練を行わせなければならないと定められています。(消防法第8条第1項 消防法施行令第4条第3項)

過去の大きな火災事例でもしっかりとした消防訓練が行われていれば、ボヤ程度の被害で済んでいた可能性も高かったという報告がされています。

いつ訓練をしたらいいの?

消防訓練は、防火対象物の用途に応じて、訓練の種別ごとに少なくとも下の表に示す時期に実施しなければなりません。

訓練の実施時期一覧
訓練種別
訓練の実施時期
特定用途防火対象物
非特定用途防火対象物
共同防火管理を要する防火対象物
消火訓練
年2回以上
※消防計画に定める時期
年2回以上
避難訓練
年2回以上
※消防計画に定める時期
年2回以上
通報訓練
※消防計画に定める時期
※消防計画に定める時期
年2回以上
  • 特定用途防火対象物における通報訓練の実施時期について、法令による定めはありませんが、消火訓練及び避難訓練を年2回以上実施するよう消防計画に定めてください。(消防法施行規則第3条第10項)
  • 非特定用途防火対象物における消火、避難及び通報訓練については、年1回以上実施するよう消防計画に定めてください。
  • 共同防火管理を要する防火対象物(16項ロを除く)については、全体、消火、通報、及び避難訓練を年2回以上実施してください。(神戸市火災予防条例第50条の6)

訓練の届出は必要なの?

共同防火管理を要する防火対象物(消防法第8条の2)において訓練を実施する場合には、あらかじめ、自衛消防訓練届出書(下記様式)に必要事項を記入して消防機関に届出なければなりません。(神戸市火災予防条例第51条の4)

特定用途防火対象物において訓練を実施する場合には、あらかじめその旨を消防機関に通報しなければなりません。(消防法施行規則第3条第11項)

非特定用途防火対象物における訓練の届出については、法令による定めはありませんが、訓練をした結果を記録として残すことになり、また、以後の効果的な消防訓練の実施につながりますので、事前に消防署へ通報(届出)してください。

自衛消防訓練届出書(PDF:119KB)

訓練って何をしたらいいの?

訓練は万一災害が発生したときにとるべき行動を事前に学び、その行動要領を身に付けるものです。マンネリ化しないように内容を工夫しましょう。

主な訓練

(1)通報・連絡訓練

119番通報のしかた、自動火災報知設備や放送設備の使用方法を習得する。
火災を発見してから119番通報、館内連絡、防災センター等への連絡を行う。

(2)消火訓練

建物内に設置してある消火器や屋内消火栓の操作方法を習得する。

(3)避難訓練

避難施設・設備の位置、操作方法を習得し、避難者を階段などの避難経路を使って安全な場所まで避難誘導するとともに、防火戸や防火シャッターの閉鎖訓練を行う。

(4)総合訓練

火災を想定し、上記(1)~(3)までの訓練を自衛消防組織に基づく任務に従い、火災の発見から到着した消防隊への情報提供まで総合的な活動を行う。

訓練はどのようにすればいいの?

訓練は個々の訓練を別々に行う部分(分割)訓練と、火災予防などの意識づけを行う教育訓練と、さらに実際に火災が起きた場合等を想定して、自衛消防組織に基づく任務に従い、火災の発見から到着した消防隊への情報提供まで、総合的な活動を行う総合訓練に分けることができます。

訓練種別の内容
訓練の種類
内容
部分(分割)訓練
通報連絡訓練・消火訓練・避難(誘導)訓練・応急救護訓練などの個々の訓練を単独に行う
総合訓練
火災発生を想定した通報連絡訓練・消火訓練・避難(誘導)訓練の3つの訓練を同時に実施し、その他の訓練を併せて実施する
教育訓練
火災予防の意識づけ、重要性などの防災教育訓練
  • 初めて訓練を実施する
  • 全員そろわない(全員参加が理想ですが、部・課などの単位で参加可能な人数で実施することも可能)
  • 時間的余裕がない
  • 大がかりな準備が必要なのでは?
  • 多額の経費が心配
  • 訓練の方法が分からない

などの理由で総合訓練の実施が困難な場合は、まず部分(分割)訓練を実施して、訓練に慣れてくるに従い総合訓練へとレベルを上げていけば、スムーズに消防訓練が実施できます。

実施に訓練を実施してみましょう!-具体的な実施要領-

それでは実施に訓練を実施してみましょう!
具体的な実施要領は下記のページをご覧ください。

自衛消防訓練 実施要領

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階