現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 地域防災(消防団・防コミ) > 防災福祉コミュニティ > 防災福祉コミュニティの活動 > 防災教育支援-神戸市防災福祉コミュニティの役割-

更新日:2020年9月7日

防災教育支援-神戸市防災福祉コミュニティの役割-

ここから本文です。

防災福祉コミュニティが煙体験ハウスを使って小学生に煙の怖さを教えている写真私たち神戸市民は、地域における諸課題を解決していくためには人と人がつながり、知恵と力を合わせていくことが大切であることを、阪神・淡路大震災を体験して学びました。
そのような経験や教訓といったものを震災を知らない若い世代に伝え、“いのちの大切さ”や“生きていることの素晴らしさ”といったものを実感できるような取り組みを進めていくことは大変重要です。

現在、神戸市防災福祉コミュニティでは、阪神・淡路大震災を教訓としたさまざまな取り組みや、地域の小学校などと連携した活動を実践されており、この震災教訓を子ども達に伝える取り組みに、地域の防災福祉コミュニティが大変重要な役割を担っています。

神戸市では、震災を経験した神戸だからこそできる小学校で一貫した防災教育を行い、学校から家庭へ、家庭から地域へ、地域から学校へつなげる取り組みを、いのちの最前線で活動する消防がコーディネイトし、地域の防災福祉コミュニティの方々にご支援いただくことで、子どもたちに“いのちの大切さ”を育むとともに学校・家庭・地域の相乗効果による地域(防災)力の向上を図る取り組みを目指しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階