更新日:2019年11月1日

としょかんのつかいかた

ここから本文です。

本をかりる時は

はじめて本をかりる人は、「としょかんカード」を作りましょう

「としょかんカード」を作る時は、かならず、自分でとしょかんにきてください。
もうしこみの用紙(「貸出券申込書」)に、名前やじゅうしょ、電話ばんごう、たんじょうび、学校、学年、クラスを書いて、カウンターに出してください。
じゅうしょなどがわからない人は、家の人に書いてもらってください。

中学生以上(ちゅうがくせいいじょう)の人は、生徒手帳(せいとてちょう)や健康保険証(けんこうほけんしょう)などの証明書(しょうめいしょ)が必要(ひつよう)です。

中学生以上の人が図書館カードを作る時

「としょかんカード」は、10ねんかんつかえます

「としょかんカード」は、神戸市立の11のとしょかんでつかえます。
ひとり10さつまで、2週間、本をかりることができます。

本をかえす時は

かりた本は、神戸市立の11のとしょかんなら、どこにでもかえせます。
かえしたい本を、カウンターまでもってきてください。
としょかんがしまっている時は、へんきゃくポストに、本だけ入れてください。
へんきゃくポストがつかえる時間は、としょかんによってちがいます。

へんきゃくポストがつかえる時間(しないのとしょかんのあんない)

読みたい本がみつからないときは

としょかんの人に聞いてください

どのへんにあるか、どんな本をみたらいいかなどをあんないします。

よやくができます

読みたい本がかしだし中の時や、ほかのとしょかんにある時などは、その本をよやくすることができます。
「よやくカード」を書いて出してください。本がよういできたられんらくします。1週間のあいだにかりに来てください。
としょかんのけんさく用のパソコンや、おうちのパソコン、スマートフォンからもよやくすることができます。(K-libネットのもうしこみが必要です。)

「おはなし会」などもあります

としょかんでは、おはなしや絵本、紙しばいを楽しむ「おはなし会」や、えいが会をおこなっています。
としょかんによってちがうので、くわしいことは、ぎょうじのごあんないをみてください。

ぎょうじのごあんない

ネットワークサービスについてK-libネット

申(もう)し込(こ)めば、ネットワークサービスを利用(りよう)できます。くわしいことは、ネットワークサービスについてをみてください。

ネットワークサービスについて

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局中央図書館総務課 

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-2-1