更新日:2020年5月21日

としょかんQ&A

ここから本文です。

このページでは、みなさんが「こんなときどうしたらいいんだろう」と思うようなことに答えています。

Q1:「としょかんカード」のきげんが切れています。

A:新しい「としょかんカード」を作ります。

としょかんカードのもうしこみの用紙(「貸出券申込書」)に、名前やじゅうしょ、電話ばんごう、たんじょうび、学校、学年、クラスを書いて、カウンターに出してください。
じゅうしょなどがわからない人は、家の人に書いてもらってください。

Q2:「としょかんカード」をなくしました。

A:なくしたとどけを、としょかんに出してください。
とどけを出してから1週間いじょうたつと、新しいカードを作ることができます。

【ちゅうい】新しいカードをつくるときに、へんきゃくがおくれている本があると、カードはつくれません。

もし、とどけを出してからなくしたカードがみつかったときは、カードをもって、としょかんに来てください。そのカードをつかえるようにします。

Q3:読みたい本がかしだし中でした。

A:「よやくカード」を書いて、まどぐちに出してください。
または、としょかんホームページの「ぞうしょけんさく」で本をしらべて、よやくをにゅうりょくしてください(まえもって、ネットワークサービスのパスワードを、まどぐちでもらってください)。
その本がよういできたときに、としょかんかられんらくします。れんらくしてから1週間は、その本をとっておきます。

Q4:かりた本が読みきれませんでした。もう一ど同じ本をかりたいです。

A:2つのやり方があります。

1つは、かりるきかんを2週間のばすことです。つぎにその本をよやくしている人がいなければ、もうしこんだ日から2週間のばすことができます。
・でんわでもうしこむ → としょかんカードのばんごう、おなまえ、たんじょう日をおつたえください。
・ホームページのマイページでもうしこむ → カードのばんごうとパスワード(まえもって、ネットワークサービスのパスワードを、まどぐちでもらってください)をにゅうりょくしてください。

【ちゅうい】かりている本のうち、1さつでもへんきゃく日をすぎていると、きかんをのばすことはできません。

もう1つは、へんきゃく日までに、その本ととしょかんカードをもって、としょかんに来てください。つぎにその本をよやくしている人がいなければ、また2週間かりることができます。

Q5:としょかんカードを作った時にすんでいたところから、ひっこしました。

A:としょかんカードはそのままつかえます。

でも、新しいじゅうしょや電話ばんごうを、としょかんの人に教えてください。じゅうしょがかわったというとどけ(「連絡先変更届」)は、神戸市立のどこのとしょかんでも出すことができます。

Q6:としょかんでかりた本をなくしてしまいました

A:まず、としょかんに、本をなくしたというとどけ(「図書紛失届」)を出してください。

本が出てこない時は、なくした本と同じ本を買ってきてください。
くわしいことは、とどけを出す時に、としょかんの人に聞いてください。

Q7:としょかんでかりた本のページがやぶれてしまいました

A:自分で、セロハンテープなどでしゅうりしないで、としょかんの人にそうだんしてください。

しゅうりはとしょかんの人がします。でも、いたみがひどい時は、本をべんしょうしてもらうこともあります。
としょかんの本はみんなのものです。ていねいにつかってくださいね。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局中央図書館総務課 

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-2-1