現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 医療の給付とリハビリテーション > 医療 > 指定自立支援医療機関(精神通院)の指定について

更新日:2020年8月19日

指定自立支援医療機関(精神通院)の指定について

ここから本文です。

「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」における指定自立支援医療機関(精神通院)の一覧や指定を受けるための指定申請様式等について掲載しています。

指定医療機関(精神通院)一覧

指定自立支援医療機関(精神通院)の指定を申請する際にご確認ください。

神戸市内の医療機関等で自立支援医療(精神通院医療)を実施するためには、市長の指定を受ける必要があります。

(1)指定の申請をされる医療機関は、次の審査基準をご確認の上、申請してください。

(2)指定医療機関は、「指定自立支援医療機関(精神通院医療)療養担当規程」により適正な実施に努める必要があります。

指定申請書

(1)病院又は診療所
※下記様式のほか、主として担当する医師の「医師免許」もしくは「精神保健指定医の証」の写しを添付してください。

(2)薬局
※下記様式のほか、主として担当する薬剤師の「薬剤師免許」の写しを添付してください。
また経歴書の作成に際して、新規開局の薬局にあっては、管理者(管理薬剤師)が過去に他の指定自立支援医療機関において、管理者(管理薬剤師)としての経験がある旨が分かるように記載願います。

(3)訪問看護事業者等

申請書の「医療機関コード」について

  • コード未決定の場合は、空欄で申請書類をご提出ください
  • 付番されましたら速やかにご連絡ください。

指定内容変更届

次の事項が変更された場合は、指定内容変更届の提出をお願いします。

  • 医療機関の名称、所在地
  • 開設者(代表者の変更を含む)
  • 開設者の名称、所在地(法人化による名称変更を含む)
  • 主として担当する医師および管理薬剤師

病院又は診療所、薬局、訪問看護事業者等の共通の様式です。
※医療機関コードが変わる場合は、医療機関の名称、住所等の変更がなくても、現在の指定を一旦廃止して、新たに指定を受け直していただく必要があります。

廃止・休止・再開・処分届

医療機関としての業務を廃止、休止または医療法等で処分を受けた場合に提出をお願いします。
休止後、再開される場合もこの様式を使用してください。
※病院又は診療所、薬局、訪問看護事業者等の共通の様式です。

指定辞退申出書

医療機関としての業務は継続するが指定を辞退したい場合、下記の様式を提出してください。
※指定辞退をする1ヶ月前に書類の提出をお願いします。

指定更新申請書

各医療機関の指定満了日は上記の指定医療機関一覧をご参照ください(指定期間が6年間であるため、指定満了日は指定を受けた日の6年後になります)。
※原則として指定満了日の1ヶ月前にご提出ください。
※指定更新申請書と合わせて、誓約書(様式第15号)を提出してください。
※医療機関としての業務は継続するが、指定更新を希望しない場合は指定辞退申出書(様式第11号)を提出してください。
※閉院等により、すでに医療機関としての業務をされていない場合は、廃止届(様式第10号)を提出してください。

自立支援医療(精神通院)の制度概要について

自立支援医療(精神通院)の制度概要については、神戸市精神保健福祉センターのページをご覧ください。

書類の提出先

〒650-8570
神戸市中央区加納町6-5-1
神戸市福祉局障害者支援課
指定自立支援医療機関(精神通院)担当
TEL:078-322-6352
FAX:078-322-6066

書類の受け付けは随時行っています。

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)について

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)については、下記のページをご参照ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局障害者支援課 

〒650-0031 神戸市中央区東町113-1 大神ビル7階 704号室