更新日:2021年8月24日

世界自閉症啓発デー

ここから本文です。

毎年4月2日は国連の定めた世界自閉症啓発デーです

「世界自閉症啓発デー」とは

国連総会(H19年12月18日開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。
神戸市内においても、メリケンパークのBE KOBE・神戸ハーバーランドモザイク大観覧車・兵庫大仏・明石海峡大橋などがブルーライトアップされます。

みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

世界自閉症啓発デーポスター(PDF:368KB)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局発達障害者支援センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 総合福祉センター3階