現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 都市計画道路の見直し > 都市計画道路の変更素案

更新日:2019年11月1日

都市計画道路の変更素案

ここから本文です。

神戸市では、人口減少・超高齢化の進行などの社会経済情勢の変化にともない、真に必要な道路を見極め、今まで以上に選択と集中により効率的・効果的な道路整備を進めていくため、平成23年3月に「都市計画道路整備方針」(PDF:15,356KB)を策定しました。
この方針に基づき、現在、都市計画道路の計画内容の見直しを進めています。
このたび、変更素案がまとまりましたので、お知らせします。

平成23年12月に発行いたしました都市計画ミニニュースをご覧いただけます。

都市計画道路の変更素案について

市内を5つの区域に分けて変更素案の内容をお知らせします。

都市計画道路整備方針(平成23年3月策定)

「都市計画道路整備方針」では、都市計画道路(幹線街路)のうち、街路事業として事業認可を受けている事業中の区間(約12km)と、未着手の区間(約98km)を対象とし、神戸の骨格を担う「主要幹線道路」と「主要幹線道路以外の道路(生活幹線道路)」に分けて、それぞれの進め方を策定しています。
「主要幹線道路」は、市が主体となって見直し案を検討し、「主要幹線道路以外の道路(生活幹線道路)」は、地域のみなさんとの協働と参画のまちづくりの中で検討することとしています。


都市計画道路の整備の進め方(画像をクリックすると拡大します)(JPG:119KB)

変更素案の概要

1.「主要幹線道路」について

  • 「変更あり」
    • 線形、幅員、車線数などを変更して整備する区間
    • 現道*や周辺道路により都市計画道路として求められる機能を確保できるため、現在の道路形状に合わせて計画を変更する区間
  • 「変更なし」
    • 現在の計画の線形、幅員、車線数などで整備する区間
  • 「検討中」
    • 関係機関との協議等を進め、素案がまとまり次第、改めて公表する区間

*現道とは、都市計画道路が決められている場所に、現在ある道路のことです。

2.「主要幹線道路以外の道路(生活幹線道路)」について

  • 「一旦廃止」
    • 地域のみなさんとの協働と参画により、まちの課題改善に必要な方策を現在の計画にとらわれることなく検討する必要があるため、一旦廃止する区間
  • 「変更あり」
    • 現在事業中の区間で、事業に伴い計画を変更して整備する区間
    • 現道により、都市計画道路として求められる機能を確保できるため、現在の道路形状に合わせて計画を変更する区間
  • 「変更なし」
    • 現在事業中の区間や鉄道との連続立体交差事業、土地区画整理事業などの他事業の関連で、現在の計画で整備する区間
  • 「検討中」
    • 地域のみなさんとの協働と参画によるまちづくりの中で、検討を進めている区間

スケジュール

変更素案で「変更あり」や「一旦廃止」とする区間については、以下の予定で見直しを進めます。
「検討中」の区間については、関係機関との協議や、地域のみなさんとの協働と参画のまちづくりの中で引き続き検討を進めます。


スケジュール(画像をクリックすると拡大します)(JPG:95KB)

都市計画道路とは

「都市計画道路」とは、健全で文化的な都市生活と機能的な都市活動を確保するために、都市の基盤として、都市計画法に基づいて都市計画決定した道路をいいます。
神戸市の都市計画道路は、これまで、路線の性格やまちづくりの状況に合わせて、様々な事業手法により整備を進めてきており、現在、約8割の整備が完了しています。


都市計画道路(幹線道路)整備状況(画像をクリックすると拡大します)(JPG:83KB)

今後の取り組み

今後、以下の項目についても、取り組んでいきます。

  • (1)「主要幹線道路」の整備プログラムの策定
    今回の都市計画道路の見直しにともない、選択と集中により、真に必要な道路を効率的・効果的に、かつ、着実に整備していくため、主要幹線道路について整備優先度の考え方と、今後30年間(前期15年、後期15年)の整備の見通しを明らかにした整備プログラムを策定します。
    道路整備を着実に進めるため、これまでの道路ネットワークの整備状況や、将来の交通量などの交通機能に重点を置くとともに、空間機能、市街地形成機能などの面からも評価を行い、路線・区間の整備優先度を総合的に判断し、「主要幹線道路」の整備プログラムを策定します。
  • (2)建築許可制度の運用の見直し
    道路の都市計画決定がなされると、事業の円滑な執行を確保するため、道路の予定区域に建築物を建築しようとする際には、都市計画法53条による許可が必要となります。
    神戸市では、昭和62年から用途地域や地形などの一定の要件に該当する区間を対象に、建築制限を緩和していますが、今後、建築許可制度の運用を見直します。

現在の都市計画決定内容等について

現在の都市計画道路の決定内容や整備状況については、都市計画総局計画部計画課(市役所2号館4階)に備え付けのコンピューター「ゆーまっぷ」でご覧いただけます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局計画部都市計画課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階