ホーム > 学校教育 > 小・中学校 > 指定校の変更・区域外通学

指定校の変更・区域外通学

最終更新日:2023年11月17日

ここから本文です。

指定学校の変更・区域外就学

指定学校の変更

  • 神戸市では、「神戸市学齢児童及び学齢生徒の就学に関する規則」(外部リンク)に基づき、住所*ごとに就学すべき学校(校区)が決まっています。
  • ただし、相当な理由がある場合は、指定学校以外の学校へ就学できる場合があります。
  • 翌年4月に小学1年生になる方は10月以降に、中学1年生になる方は11月以降に、指定学校変更の手続ができます。

※住所は「実際に生活しているところ」を指します。実際に生活していないところに住民登録をして入学(越境入学)することはできません。入学後に、家庭訪問などで越境入学の事実が確認された場合、実際にお住まいの校区の学校へ転校していただくことになります。

手続きの流れ

  1. 指定学校の変更事由に該当し(下記「指定学校の変更について」を参照)、指定学校の変更を希望する場合、まず住民登録地の指定学校の校長に相談し、承諾を得てください。
  2. 希望学校の校長に指定学校の変更について相談し、承諾を得てください。
  3. 住民登録のある区役所・支所市民課にて、指定学校変更の申し出を行い、指定学校の変更手続きを行ってください。
※指定学校の変更手続きには「①指定学校、②希望学校、③お住まいの区・支所市民課」に複数回訪問していただく場合があります。

関連資料

指定学校の変更について(PDF:348KB)
当分の間指定学校の変更を認める地区(PDF:207KB)
「当分の間、指定学校の変更を認める地区を定める要綱」より抜粋

区域外就学

住民登録地と異なる自治体の学校へ就学する場合の手続です。

市外へ転出するが、継続して市内の学校に通学したい方

  • 現在就学している学校の校長に申し出た後、各区・支所市民課での転出手続の際に「区域外就学」の手続を併せて行ってください。
  • 転入先の住所地の教育委員会事務局(各区役所で手続を行う自治体もあります)で住民登録の転入手続の際に、現在就学している学校に「区域外就学」を行う旨、申し出てください。

市内へ転入したが、継続して市外の学校へ就学したい方

  • 前住所地の教育委員会事務局(各区役所で手続を行う自治体もあります)で「区域外就学」の手続を行ってください。
  • 各区・支所市民課での転入手続の際に、現在就学している学校に「区域外就学」を行う旨、申し出てください。

1年以内に神戸市外から市内への転入が確実で、学年当初から神戸市立学校に就学を希望する場合

  • 転入予定先の学校の校長に申し出た後、転入予定の住所地の区・支所市民課で「区域外就学」の手続を行ってください。
  • また、現在就学している学校に、転出予定先の学校にて「区域外就学」を行う旨、連絡してください。

1年以内に神戸市内から市外への転出が確実であり、学年当初から当該市町村立学校に就学を希望する場合

  • 転出予定先の市町村教育委員会事務局(区役所で手続を行う自治体もあります)で、「区域外就学」の手続を行ってください。
  • また、住所地の指定学校(※)に、転出予定先の学校にて「区域外就学」を行う旨、連絡してください。
※新小学1年生の場合は、進学予定先だった小学校に連絡してください。
※新中学1年生の場合は、進学予定先だった中学校に連絡してください。

小学校・中学校の新設、統廃合、移転情報(直近5年)

  • 2019年4月1日に、有野台小学校・有野東小学校をありの台小学校に統合しました。
  • 2021年4月1日に、灘の浜小学校が新設され、西灘小学校校区のうち岩屋北町・岩屋中町・岩屋南町を、なぎさ小学校校区のうち摩耶海岸通を、灘の浜小学校校区に変更しました。また、多聞南小学校・本多聞小学校を多聞の丘小学校に統合しました。
  • 2022年4月1日に、ありの台小学校が「北区有野台5-2」に移転しました。
  • 2023年4月1日に、八多小学校・八多中学校を義務教育学校八多学園に統合しました。また、多聞の丘小学校が「垂水区本多聞5-2-1」に移転しました。

問い合わせ先

神戸市では、就学手続の事務を、区役所・支所で行っています。
※他市町村との「区域外就学の協議」の手続は、住民登録地または居所を管轄する区役所・支所で行っています。

指定学校の変更基準

教育委員会事務局学校経営支援課(電話番号:078-984-0665)

校区の調整(変更)

教育委員会事務局学校環境整備課(電話番号:078-984-0690)

就学手続き

住民登録地の区役所・支所市民課

お問い合わせ先

教育委員会事務局学校支援部学校経営支援課