ホーム > 環境 > 神戸市の環境の状況 > 水質の状況 > 有機フッ素化合物(PFAS)

有機フッ素化合物(PFAS)

最終更新日:2024年7月22日

ここから本文です。

性状等

  • PFASは炭素とフッ素の結合をもつ有機化合物で10,000種存在するとされています。
  • PFASのうち、PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)は金属メッキや泡消火薬剤、PFOA(ペルフルオロオクタン酸)は界面活性剤など、幅広い用途で使用されてきましたが、体内で蓄積しやすく、自然界で分解しないことから現在、製造・輸入が原則禁止されています。

人の健康への影響

  • PFOS・PFOAは、動物実験では、肝臓の機能や仔動物の体重減少等に影響を及ぼすことが指摘されています。
  • 人においてはコレステロール値の上昇、発がん、免疫系等との関連が報告されています。
  • しかしながら、どの程度の量が身体に入ると影響が出るのか、いまだ確定的な知見はなく、現在も国際的に検討が進められています。
  • 国内ではPFOS、PFOAの摂取が主たる要因と見られる健康被害が発生したという事例は確認されていません。

PFOS・PFOAの基準等

公共用水域・地下水

環境基準が設定されておらず、暫定的な目標値(暫定指針値:PFOS及びPFOAの合計値として50ng/L以下)が設定されています。

水道水

2020年4月1日に「水質管理目標設定項目」として位置づけられ、暫定目標値は「PFOS及びPFOAの量の和として50ng/L以下」とされています。

その他基準

  • 土壌や食物に関する指針値等はありません。
  • 工場、事業場からの排水に係る基準は定められていません。

市内の公共用水域(河川・湖沼・海域)・地下水の測定結果

明石川水系の河川

最新の測定結果

2022年度以前の測定結果

その他の河川・湖沼・海域

地下水

水道水の検査結果

神戸市水道局ホームページ(水道水の安全性について)
阪神水道企業団ホームページ(水質情報)

PFASに関する情報(環境省ホームページ)

PFASに対する総合戦略検討専門家会議
PFOS・PFOAに係る水質の目標値等の専門家会議
有機フッ素化合物の水質測定結果

お問い合わせ先

環境局環境保全課