ホーム > 安全・安心 > 防犯 > 防犯カメラ更新補助(※今年度の申請受付は終了しました)

防犯カメラ更新補助(※今年度の申請受付は終了しました)

ここから本文です。

防犯カメラ設置補助事業を活用して設置した防犯カメラが故障した際、防犯カメラを更新(取替え)する費用の一部を補助します。

※当初の見込み(予算)を大きく上回る申請をいただいたことから、今年度の申請受付は終了しました。

補助の内容

補助対象団体

2010年度(平成22年度)から2016年度(平成28年度)までに防犯カメラ設置補助事業を活用して、防犯カメラを設置した地域団体

補助額

1ヵ所あたり11万円(上限)

※この補助制度での「1ヵ所」とは、ある場所に設置した単一の防犯システムを言います。例えば、ある場所で撮影方向の異なる2台の防犯カメラを設置し、1台のレコーダーに接続する場合も1カ所とします。

補助対象経費

防犯カメラ設置補助事業により設置した防犯カメラの更新(購入、取付、撤去等)に係る経費

※防犯カメラの更新と併せて、映像記録機器(レコーダー)や防犯カメラ設置を明示する標識を更新する場合は、その費用も補助対象経費となります。
※地域団体で行う作業に係る人件費は補助対象となりません。

主な補助要件

  • 防犯カメラの設置が完了した日の属する会計年度終了後、6年を経過していること
  • 防犯カメラとしての機能を維持することが困難な状態にあること
  • 道路、公園、その他不特定多数の者が利用する場所を撮影するものであること
  • 防犯カメラ設置場所に、防犯カメラで撮影している旨を表示する標識を明確かつ適切な方法で表示すること など

※2010年度(平成22年度)から2016年度(平成28年度)までに兵庫県または神戸市の防犯カメラ設置補助事業を活用して設置した防犯カメラが対象です。
※6年以内に地域団体の負担で取り換えを行った防犯カメラが、再度故障等で取り換えが必要となった場合、最初に防犯カメラを設置した年度を起算として6年を経過していれば補助対象です。
※2017年度(平成29年度)以降に兵庫県または神戸市の防犯カメラ設置補助事業を活用して設置した防犯カメラが故障した場合には、修繕経費の補助制度があります。詳細は以下のページをご覧ください。

注意事項

以下にあてはまる場合は、補助対象外になります。
 
  • 補助を受けて新たに設置した防犯カメラを移設や撤去、撮影場所を変更している場合             
  • 修繕等の維持管理に要する経費である場合
  • 私有財産(個人の住宅、マンション等の共同住宅、駐車場、駐輪場)の管理目的である場合
  • 映像記録機器(レコーダー)等の防犯カメラに付属する設備のみの更新である場合

申請方法 ※今年度の申請受付は終了しました。

 

募集要項

過去に補助事業を利用した団体のみなさまへ

防犯カメラ設置補助事業を利用して設置した防犯カメラについて、設置電柱の抜柱や家主の変更等やむを得ない理由により移設や撤去が必要となった場合は、事前に危機管理室防犯対策担当(TEL:078-322-6238)にご相談ください。

お問い合わせ先

危機管理室防犯対策担当