更新日:2019年11月1日

神戸市国保特定健康診査・特定保健指導

ここから本文です。

2008年度から「特定健診」が始まり、医療保険者ごと(国保・協会けんぽ、組合健保等)の健診になりました。

40歳から75歳未満の方を対象に、糖尿病等の生活習慣病を予防するため、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した、健診による予備群の早期発見と生活習慣の改善を図る保健指導を、円滑かつ効果的に実施するための健康診査の実施が義務付けられました。

国民健康保険以外の医療保険に加入している人は、健診内容、受診方法など加入している各医療保険者へお問い合わせください。

1 対象者

特定健康診査の実施年度の4月1日に神戸市国民健康保険に加入している方で、当該実施年度に40歳から75歳となる方(75歳未満の方に限ります)。対象となる方には個別に受診券を送付します。
※4月2日以降に加入された方で受診を希望される場合は、神戸市けんしん案内センター(078-262-1163)までお申し込みください。

2 個別健診を受けられる医療機関

個別健診を受診できる各区の医療機関は、次のとおりです。

3 集団健診の日程・場所

各区ごとの健診日程・場所は、次のとおりです。

土曜・日曜・祝日に受診可能な集団健診は次の通りです。

4 実施方法

個別健診及び拠点での集団健診を実施します。

(1)受診方法

対象の方には、特定健診受診券を、誕生月を基準として、以下のとおり交付します。
(健診を受診される方は、受診券と被保険者証を持参してください。)
※なお、受診券交付対象者については、上記1対象者欄をご参照ください。

誕生月別 受診券の有効期限
誕生月 受診券交付日 受診券の有効期限
4月~6月 4月上旬 8月31日
7月~9月 6月上旬 10月31日
10月~12月 8月中旬 12月31日
1月~3月 11月上旬 3月「31日

(2)利用者負担

  40~64歳
一般世帯
40~64歳
非課税世帯
65~74歳
一般世帯
65~74歳
非課税世帯
個別 600円 300円 無料 無料
集団 300円 無料 無料 無料

※非課税世帯:同一世帯員として認められたすべての世帯員について、市民税が課税されていない方
※一般世帯:非課税世帯以外

(3)実施計画書

5 検査項目

基本的な健診

  • 問診
  • 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
  • 血圧測定
  • 脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
  • 血糖(空腹時血糖・HbA1c)
  • 尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)
  • 腎機能(尿酸・血清クレアチニン・eGFR)

詳細な健診

  • 貧血検査
  • 心電図
  • 眼底検査

特定保健指導(無料)とは

特定保健指導は、特定健診をお受けになった方のうち、生活習慣の改善で検査値を基準値内に戻せる可能性のある方を対象に、ご案内しています。

どうして特定保健指導があるの?

そもそも特定健診は、心筋梗塞や脳血管疾患、糖尿病等、生活習慣病の要因となるメタボリックシンドローム(注1)に着目した健診です。生活習慣の改善による生活習慣病の発症と重症化の予防を目的とし、これらの病気の発症リスクが高い人を対象に特定保健指導を行います。

注1:メタボリックシンドローム:内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態のことです。

どんなことをしてくれるの?

具体的には、健康のプロ(医師・保健師・管理栄養士等)から健診結果をもとにした食事や運動などの情報提供や健康相談を受けることができる機会です。
無料でご利用できますので、ぜひご活用ください!

本市では、特定保健指導の対象者になった方のうち1割弱しか利用がありません。これは、全国の平均と比べて3分の1しか利用がない現状にあります。
生活習慣病等の予防によって皆様が自分らしく生活を続けられることを目指しています。ぜひとも特定保健指導をご利用ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階