現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 港湾局の計画・事業等 > 神戸港における事業 > 神戸港港湾事業継続計画

更新日:2020年2月14日

神戸港港湾事業継続計画

ここから本文です。

大規模災害発生時における港湾の事業継続に関しては、国土強靭化法に基づき策定された国土強靭化アクションプラン2014において、国際戦略港湾など主要港湾における港湾BCP策定割合を、平成28年度末までに100%とする数値目標が示されており、また、平成25年度末には大阪湾全体の港湾活動に関する事業継続力の向上を図るため、「大阪湾BCP(案)」が策定されました。


これらを受け、神戸港においても、平成27年度に港湾関係団体・関係行政機関・学識経験者等で構成する「神戸港港湾BCP策定委員会」を設置し、大規模災害時における神戸港の港湾機能の回復目標や目標実行のための港湾関係者の役割や対応手順等を明確化した「神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)」を平成28年3月に策定しました。

令和元年2月には、平成30年台風21号による高潮被害を踏まえ、高潮・暴風災害時の対応計画を明記した「神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)~高潮・暴風編~」を新たに策定しました。また、神戸港内のエネルギー関連施設(油槽所)周辺水域の航路啓開・目標を定めた「エネルギー物資輸送活動」の対応計画を、神戸港港湾BCPに追加しました。

1.神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)の概要

神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)

<対象とする危機的事象>

  • 直下型地震(六甲・淡路断層帯地震)
  • 海溝型地震(南海トラフ巨大地震)

<対応計画>

  • 緊急物資輸送活動

海上から緊急物資の需要に早期に対応するため、「発災後3日以内」に緊急物資輸送ルートを確保する。

  • 人員海上輸送活動

陸上交通機関の代替手段として、「発災後3日以内」に人員海上輸送ルートを確保する。

  • 国際コンテナ物流活動

国際コンテナ物流活動を早期に再開するため、「発災後7日以内」にコンテナ物流活動の暫定的な輸送ルートを確保する。

  • クルーズ客船活動

クルーズ客船の運航を早期に再開するため、「発災後3ヶ月以内」に港湾施設の応急復旧及び復旧情報を発信する。

  • エネルギー物資輸送活動

エネルギー事業者が実施する施設の復旧及び船による油槽所への供給再開計画を踏まえ、「発災後可能な限り早期」に油槽所周辺水域の航路啓開を実施する。

<マネジメント計画>

  • 事前対策
  • 教育・訓練
  • 見直し・改善

神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)~高潮・暴風編~

<対象とする危機的事象>

  • 平成30年台風21号

<対応計画>

  • 事前対処計画(フェーズ別高潮・暴風計画)

台風接近に伴い発表される気象情報を契機とした、段階的な防災行動を整理

  • 業務継続計画(国際コンテナ等物流活動)

神戸港における国際コンテナ物流・機能を維持するため、3日以内に、ポートアイランド・六甲アイランドそれぞれ1バース以上の輸送ルートを再開できるよう、「航路啓開」「臨港道路の啓開・復旧」を行う。

  • エリア減災計画

堤外地等で高潮等により、物流・産業活動に重大な影響を及ぼすエリアで、官民一体となり、減災のため、ハード・ソフト対策に取り組む。

2.計画策定の概要

神戸港港湾BCP策定委員会

  • 平成27年11月5日 第1回委員会

(神戸港港湾BCP策定、被災想定、神戸港に求められる役割・現状の体制)

  • 平成28年1月27日 第2回委員会

(被災後の対応計画(案)、マネジメント計画(案))

  • 平成28年3月17日 第3回委員会

(神戸港港湾BCP策定)

神戸港港湾BCP協議会

  • 令和元年7月4日 第1回協議会

(神戸港港湾BCP~高潮・暴風編~(案)の提示)

  • 令和元年12月6日 第2回協議会

(神戸港港湾BCP~高潮・暴風編~の策定、神戸港港湾BCPへのエネルギー物資輸送活動計画の追加)

3.神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

港湾局海岸防災課 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル4階