旧乾邸

ここから本文です。

旧乾邸 主屋

【4月6日更新】

令和2年5月21日(木曜)~27日(水曜)に予定していました「特別観覧」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため、中止とさせていただきます。

楽しみにしていただいた皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

概要

旧乾邸は、昭和11年頃、乾汽船株式会社を設立した乾新治氏の自宅として、旧住吉村(現在の東灘区の一部)の山麓部に建築されました。
設計者は建築の名手として名を馳せた渡邊節氏。洋風を基調としながら巧みに和洋を折衷し、重厚さの中に繊細なデザインを取り込んでいる旧乾邸は、渡邊氏の代表作とも言われています。
阪神間モダニズムを象徴する大邸宅の風格がよく伝わる主屋や土蔵、さらに当時の姿を残す庭園などは非常に貴重なものであり、門や塀も含め建物全体が神戸市指定有形文化財(※1)に、また、庭園も一部を除いて神戸市指定名勝(※2)となっています。
※1 指定年度:平成20年度(待合所は平成21年度)
※2 指定年度:平成24年度

所在地

神戸市東灘区住吉山手5丁目1-30

公開

交通案内

  • 阪急御影駅から北東へ徒歩約10分
  • 阪神御影駅又はJR住吉駅から市バス38系統
    渦森台行「白鶴美術館前」下車南西へ徒歩約2分

お願い

  • 駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
    お車でのご来場は付近の方のご迷惑となります。
    固くお断りをいたします。
  • ご来場の際は、騒がない、ごみをポイ捨てしないなど、マナーをお守りください。
  • 敷地内は、喫煙、飲食、下記の使用、危険物の持込等を禁止しています。
  • 市指定有形文化財及び市指定名勝に指定されています。損傷した場合は原状回復をお願いすることがあります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局業務改革課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館13階