現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 介護・高齢者福祉 > 高齢者福祉 > 生きがいと社会参加 > 優待制度 > 敬老優待乗車制度(敬老パス)の低所得者対策及び高頻度利用者対策について

更新日:2020年8月4日

敬老優待乗車制度(敬老パス)の低所得者対策及び高頻度利用者対策について

ここから本文です。

敬老無料乗車券(低所得者対策)※令和2年9月30日を以て終了します

対象者

市民税非課税世帯かつ本人の年収(公的年金等の収入と合計所得額の合計)が120万円以下の方。

敬老無料乗車券の交付を受けるには、事前に敬老パス(ICカード)の交付を受けている必要があります。

敬老無料乗車券の種類

敬老無料乗車券引換券を年間6枚発行し、年30,000円分の無料乗車券を交付しています。なお、次の1から5について、本人の選択により、複数の乗車券を組み合わせて選択することができます。

  1. 市バス均一区(乗車距離に関係なく1乗車が210円の路線)および、地下鉄全線が利用できる共通磁気カード。(額面5,000円で、大人普通運賃での乗車)
    ※共同運行路線(神戸交通振興、神姫バス24・71・75系統)も利用可能です。
  2. 市バスの近郊区(距離が長くなるに従って料金が上がる区間)路線でのみ利用できる紙乗車券。(1冊24枚つづり)
  3. 神姫バス・山陽バス・阪急バス・神鉄バスのみで利用できる紙乗車券。
    (1冊24枚つづり)
  4. 阪神バスのみ利用できる紙乗車券。(1冊24枚つづり)
  5. ポートライナー・六甲ライナー共通磁気カード。(250円区間で24回乗車分)

交付方法

対象者へ個別に引換券を送付します。引換券から敬老無料乗車券への交換については、引換券と同封のチラシでご確認ください。
神戸市敬老無料乗車券の引換場所として神戸電鉄山の街駅のご案内がございましたが、事情により神戸電鉄山の街駅での引換は中止とさせていただいております。
また、8月末をもって甲南チケットのモルティ垂水店での引換は中止となります。

定期券の割引購入制度(高頻度利用対策)

概要

利用頻度が高い方は、敬老パス(ICカード)とは別に定期券(通勤定期をベース)を、正規料金の半額で購入できます。

対象となる定期

敬老パスの対象交通事業者(市バス、地下鉄、神姫バス、山陽バス、神鉄バス、阪神バス、阪急バス、ポートライナー、六甲ライナー)の発行している通常の通勤定期券(1ヶ月定期券、3ヶ月定期券または6ヶ月定期券)
※特定の割引定期券は除きます

交付手続

  1. 区役所、支所等で定期券割引購入券の交付申請をします。
  2. 後日、申請者のご自宅に定期券割引購入券が郵送されます。
  3. 定期券割引購入券と敬老パス(ICカード)を持って、購入を希望する交通事業者の定期販売所にて定期券を購入してください。

割引定期を購入したほうが割安になる例

市バス210円の路線の場合
1ヶ月定期(定価8,820円)を購入される場合、4,410円でご購入できますが、乗車時の負担が1回110円ですので、月41回以上(41回×110円=4,510円)乗られる場合はお得になります。
※平成26年4月以降は、市バス乗継割引制度が適用されると、上記に該当しない場合があります。詳しくは交通局のホームページをご覧ください。

市バス乗継割引制度について

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局高齢福祉課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階