現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 保健所 > お医者さんへの上手なかかり方

更新日:2019年11月1日

お医者さんへの上手なかかり方

ここから本文です。

受診時のポイント

一般的な受診経過にそってポイントをあげてみました。

受付

保険証・医療受給者証をお持ちの方は、かならず提示しましょう。

  • 初診の時や月初めの受診の時には、保険証・医療受給者証をお持ちの方は、かならず受診医療機関・薬局に提示しましょう。
  • 新しい保険証や医療受給者証が交付された時には、月初めでなくてもすぐに受診医療機関・薬局に提示しましょう。

医療機関・薬局での問診票やアンケートには、具体的に記入しましょう。

  • いつから、どこが、どのように具合が悪いのか、具体的に記入しましょう。
  • 薬による副作用の経験やアレルギー歴があれば、詳しく記入しましょう。
  • 現在、服用中の薬についても、わかる範囲で具体的に記入しましょう。

診察

詳しく症状を伝えましょう。

  • 自覚症状や病歴、薬歴、アレルギー歴は、あなたを知るうえで大切な情報です。伝えたいことは、あらかじめメモなどして準備し、きちっと伝えましょう。
  • いつから、どこが、どのように具合が悪いのか、具体的に話しましょう。
  • 現在、服用中の他の病院でもらった薬(服用中の薬を持参するなど)やサプリメント、健康食品なども具体的に伝えましょう。
  • 治療が始まってからも身体の変化を伝えるようにしましょう。

治療

診断は、時間がかかることもあります。

  • すぐに診断ができる場合もあればそうでない場合もあります。診察が終わっても、検査内容によっては診断結果がただちに聞けない場合があります。

指示や制限を守って治療に協力しましょう。

会計

医療費の自己点検をしましょう。

  • 疑問な点があれば窓口で聞きましょう。

薬局

薬局でお薬をもらうときに

  • 薬による副作用の経験やアレルギー歴があれば、薬局でも具体的に伝えましょう。
  • 現在、服用中の他の病院でもらった薬(服用中の薬を持参するなど)やサプリメント、健康食品なども具体的に説明するようにしましょう。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館20階