更新日:2020年1月22日

神戸のランドマーク「山麓電飾 錨」

ここから本文です。

  • 令和2年1月から3月までの間、錨山電飾の改修工事を行っています。このため、2月3日から2月28日(予定)まで青色点灯を停止します(点灯日は下記事をご参照ください)。また工事の進捗状況によって、明るさの異なる電灯の混在、一部不点灯や試験点灯(不定期な青色点灯)を行うことがあります。予めご理解くださいますよう、お願いいたします。

山麓電飾「錨」
明治36年(西暦1903年)明治天皇行幸の観艦式を記念して松を錨の形に植栽したことに始まり、昭和56年(西暦1981年)神戸ポートアイランド博覧会を記念して錨山の永久電飾を行うとともに電源として、風力発電及び太陽光発電を導入しました。現在では、昼間、発電設備で発生した余剰電力を関西電力に売却し、夜間点灯時には必要な電力が関西電力より供給されるシステムとなっています。

神戸市民の特別な日には錨山の電飾がブルーに変わります。これは1902年に神戸市が六甲山で大規模な植林をはじめてから100周年になったことを記念して、2003年に錨山の電飾をブルーに点灯できるように改修したものです。

ブルーは神戸市を象徴する「青い海と緑の山」の「青い海」を表しています。

錨山にともる青い灯は、神戸が元気であることの印ともいえます。

なお、錨山の電飾は次のような日にブルーに点灯します。

  • 神戸まつり(メインフェスティバルの日)
  • 国民の祝日
  • ヴィッセル神戸が勝った日
  • その他ブルーライトアップ関連行事の日

錨のブルーライトアップ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局公園部森林整備事務所 

〒651-1102 神戸市北区山田町下谷上字中一里山4-1