現在位置

ホーム > 区役所 > 中央区 > 区の紹介 > 中央区歴史物語

更新日:2021年7月26日

中央区歴史物語

ここから本文です。

はじめに

2020(令和2)年12月に中央区は生田区と葺合区が合区して40年を迎えました。
区制40周年を記念して区の歴史を紹介した「中央区歴史物語」サイトを開設しました。
当サイトは、区制25周年の記念冊子「神戸歴史トリップ(現在絶版)」をベースに、「神戸歴史トリップ」の著者で神戸市在住の郷土史家 道谷 卓氏に、監修いただいた内容を掲載しています。

区の通史を知る(中央区のあゆみ)

chuokuayumi
先史から現代までの中央区の歴史をコンパクトにまとめた通史編「中央区のあゆみ」を発行しています。
冊子は、中央区役所 まちづくり課の窓口にて無料配布中です。
令和2年12月1日発行
A4判モノクロ28ページ
デジタル版でもご覧いただけます。

区の史跡を知る

区内の名所・旧跡を8つのエリアに分けて紹介しています。kyoryuchinohi
史跡近隣の町名由来もあわせて掲載しています。 ためまっぷ中央(外部リンク)
tamemap_40th

区の町名由来を知る

上記「区の史跡を知る」で紹介している区内の町名由来を50音順に掲載しています。

区の歴史豆知識

郷土史家 道谷卓さんによる興味深い解説を紹介しています。

<著者コメント 郷土史家 道谷 卓(たかし)さん>

日本の歴史を変えてきた街・中央区!michitanitakasi-1

中央区は、昭和55年12月1日、葺合区と生田区が合併して誕生しました。「エキゾチックでおしゃれな街」というイメージがありますが、中央区ではこれまで、三度、時代の節目に、大きな合戦が繰り広げられ、それがもとになって、日本の歴史が大きく動いたという事実があります。その三度の戦いとは、源平の争乱における「一ノ谷の戦い」、太平記で知られる「湊川の戦い」、そして「花熊城の戦い」です。まさに、中央区は日本の歴史を変えてきた街と言えるでしょう。

こうして歴史の転換期にたびたび登場する中央区は、慶応3年の神戸開港を機に、「エキゾチックでおしゃれな街」へと変化していきます。歴史を変えてきた街から、日本の近代化をリードする街へと展開し、あらたな歴史を刻むことになったのです。

歴史を学ぶことは、今を見つめて未来を考えることにつながります。この『中央区歴史物語』を手がかりにして、身近なまちの歴史を堪能して下さい!


 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

中央区総務部まちづくり課 

〒651-8570 神戸市中央区雲井通5-1-1